プロフィール

かめ

  • Author:かめ
  • アリゾナから撮りたての映画を紹介します。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する


アリゾナ映画ログ - 砂漠から...
アリゾナから撮りたての作品を紹介しています。
ランキングに参加してます。

にほんブログ村 映画ブログへ 人気blogランキングへ

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Premonition (原題 プレモニション 邦題未定)

2007年4月7日鑑賞
Premonition



Tagline:  Reality is only a nightmare away.

ストーリー
美しい家に住み、夫ジム(ジュリアン・マクマホン)と2人の娘と幸せな毎日を送っていたリンダ(サンドラ・ブロック)は、ある日、夫が自動車事故で死んだとの知らせを受ける。
翌朝目覚めたリンダは、夫が何事もなかったように過ごしているのを見て、すべては夢だったのだと思い込む。
しかしその日から、彼女の日常は、夫が死んだ現実と夫が生きている現実とが交錯するようになってしまう。なんとかして夫を、そして家族を守ろうとするリンダだったが・
...
 (Junglecity.comより)


Premonition
相変わらず憂いを帯びた演技が光る、と言うかこればっかり

Premonition
サンドラ・ブロックの夫。この人って、「ファンタスティック・フォー:銀河の危機」の悪役の人

Premonition
サンドラ・ブロックの友人。この人は、日本では未公開ですが、アメリカで少し前に公開された「Are We Done Yet?」のお母さん役だった人です。

Premonition
夫の愛人。巨人の星の明子状態。


管理人が選ぶ勝手な関連商品

   


ランキングに参加してます。
 

感想

サンドラ・ブロックの得意の表情満載の作品。
夫が事故で亡くなったと聞かされた日から、目が覚めるたびに事故に遭う前の生きている夫と死んだ夫の葬儀の日を行き来する主人公。
混乱の中、何とか真相を探り、夫を救おうとするが、夫の愛人が出てきたり、母親からは精神病扱いされ病院に入れられたり、もう大忙しの1週間の物語。
サンドラ・ブロックの表情は、作品中、ほとんど同じままなのは、すごいというか何というか。

目覚めるたびに、時間が飛んでいるので、最初は少し事件の時系列がわかりづらいかも知れないが、全体的には上手くまとまっていると思う。
リメイクではないらしいが、日本の同名の作品が下地になっていて、そのおおもとは、つのだじろうの「恐怖新聞」でそうだ。
また、懐かしい作品を引っ張ってきたもんだ。

シリアスな作品だが、最後のオチは、観客を笑わそうとしているんではないかな。


Premonition
可愛い2人の子供たち。姉の顔が悲惨なことになる前。

Premonition
夫は生きているのか、死んでしまったのか。

Premonition
危険なシチュエーション


お気に入り度   

トリビア
リメイクではないが、邦画の「予言」がベースになっている。


Premonition
過去4日間の出来事を並べてみると...

Premonition
なぜガラス窓が割れているのか?

Premonition
結末は...


監督
Mennan Yapo

キャスト
サンドラ・ブロックジュリアン・マクマホンニア・ロングアンバー・ヴァレッタ  

情報サイト

オフィシャルサイト (英語)
オフィシャルサイト (日本語) 
IMDb     
みんなのシネマレビュー 
ヤフージャパン  
Allcinema 
Yahoo Movie  C+
Movie Web  
Rotten Tomatoes  8%

 人気blogランキングへ 

 にほんブログ村 映画ブログ 

 管理人のホームページ Welcome to Arizona 


Shooter (ザ・シューター /極大射程)

2007年4月1日鑑賞
Shooter


Tagline:  Yesterday was about honor. Today is about justice.

ストーリー
元海兵隊のスナイパー、ボブ・リー・スワガー(マーク・ウォールバーグ)は一線を退き、広大な自然が広がる山奥で隠遁生活を送っていた。しかし、退役したアイザック・ジョンソン大佐(ダニー・グローバー)が彼のもとを訪問し、大統領暗殺計画が発覚したため、ボブの力を借りたいと言う。 ところが、それは巧妙に仕組まれた罠だった。... (シネマトゥデイより)


Shooter
マーク・ウォールバーグのタフな持ち味が十分でてました

Shooter
この人は、「クラッシュ」、「ワールド・トレードセンター」、「バベル」と大作にサラッと出演してしまう

Shooter
リーサル・ウェポン」の相棒のおじさんもおじいさんになっちゃいました


管理人が選ぶ勝手な関連商品
   


ランキングに参加してます。
 

感想

僕が今1番気になる役者の1人の、マーク・ウォールバーグの魅力がいっぱいの作品です。
彼は2キロ先の標的を撃ち抜く腕を持つアメリカ版デューク東郷です。
その彼は、FBI幹部と有力政治家がエチオピアの司教の暗殺を糊塗する為に、仕掛けた罠にかかり、大統領暗殺犯として合衆国から追われることになります。
そして、頼りにならない相棒1人と、合衆国軍に戦いを挑みます。

アクションはお決まりのカースタントから、プチ戦争まで迫力の映像。
それと対照的に、細部にこだわっています。
マリーンで死なない為の訓練を受けて来たと言うとおり、至近距離で撃たれた傷を治したり、手製の爆弾を作ったり、現代版ランボーです。
そして最後は、やはりスナイパーとして戦いに挑みます。
有名な原作があるので、ストーリーは変えられなかったとおもいますが、終わり方には賛否両論あるかもしれません。
僕は、この終わり方もボブ・リー・スワガーのキャラ的には、ありかなと思います。
シリーズ化されるかもしれませんね。

ところで、いくら本になっていたとは言え、邦題の副題何とかして下さい。



Shooter
スタントマンを使っていないようです

Shooter
プチ戦争を起こす2人

Shooter
突撃!


お気に入り度   

トリビア
最初は、キアヌ・リーヴスがボブ・リー・スワガー役になっていた。


Shooter
大統領暗殺作戦検討中??

Shooter
こっちは川原で訓練中

Shooter
相手全滅


監督
アントワーン・フークア 

キャスト
マーク・ウォールバーグマイケル・ペーニャダニー・グローヴァーケイト・マーライライアス・コティーズローナ・ミトラ  

情報サイト

オフィシャルサイト (英語)
オフィシャルサイト (日本語) 
IMDb     
みんなのシネマレビュー 
ヤフージャパン      
Allcinema 
Yahoo Movie  
Movie Web  
Rotten Tomatoes  49%

 人気blogランキングへ 

 にほんブログ村 映画ブログ 

 管理人のホームページ Welcome to Arizona 


Rocky Balboa (ロッキー・ザ・ファイナル)

2007年1月3日鑑賞
Rocky


Tagline:  It ain't over 'til it's over.

ストーリー
ボクシング界から退いたロッキーは、今は小さなイタリアン・レストランを経営している。 愛妻エイドリアンはすでに他界し、息子Jr.も有名人の父に反発して家を出ていった。
亡き妻との思い出にすがって生きるロッキーは、彼女の命日に墓参りをし、自らの胸の奥底にまだ情熱がくすぶっていることに気づく。 
再びプロ・ボクサーのライセンスを取得するロッキー。 そんなときテレビ局が往年のロッキーと無敵の現役世界チャンピオン、ディクソンの強さを比較するシミュレーション番組を放送したことから、両者の対戦企画が持ち上がる。ロッキーはある決意を胸に秘め、リングに上がるのだった...
 (作品資料より)


Rocky
最後の「ロッキー5/最後のドラマ」から16年ぶりの、トレードマークの帽子と黒のTシャツ姿

Rocky
ロッキーJr役のアントニオ・ターヴァーは、ほとんど無名の役者。「Stay Alive」に出ていたらしいが、スチールも見当たらない。多分最初に殺された若者役。

Rocky
この人、昔から老けているからあまり変わっていません。

Rocky
彼女もほとんど無名


管理人が選ぶ勝手な関連商品
     


ランキングに参加してます。
 

感想

最後のストリートファイトの「ロッキー5/最後のドラマ」から16年、ロッキー・バルボアが戻って来た。
スタローンも、あの最後の作品の脚本は失敗だったと認めていて、その汚名挽回で本当のロッキーの最終作品を創りたかったのだと思います。
多分5作目の事だと思いますが、「あの頃は自分も、作品に集中していなかった」とスタローンはインタビューに答えています。

ロッキーといえば、30年前の1976年に衝撃のデビューで、ファンの心をつかみました。2作目まではオリジナルの色が出ていたのが、3,4作目でほとんど「ランボー」になってしまって、ソ連まで乗り込んでしまう。
そして家族以外、全てを失い、ショービジネスのボクシングファイトを選ばず、ストリートファイトに戻っていったのが前作まで。

今回は、最愛の妻を亡くし、息子も父親の名前から逃げるようになって、オリジナル作の時のように一人ぼっちのロッキーです。
あるのは自分の小さなレストランだけで、そこのお客に自分の過去を繰り返し語るシーンが、寂しく映されています。
この作品には原点に戻った超人でない、ロッキーがいます。
いつまでも忘れられない妻、どう対応していいか分からない息子に思い悩み、唯一、気持ちを和らげてくれるのが、ボクシングでした。

満を持して望んだだけに、60歳のスタローンは見事な体を作っています。
ファイトシーンも迫力満点で、あのロッキーです。
最後のシーンも印象的で、試合直後いつも必ず彼がいた所に、今回は彼はいませんでした。 これが最後なんだというメッセージだと思います。 名作を上手く締めくくったと思います。
感動も、オリジナルの時に近くて、ジワジワと染込んできて、最後のファイトシーンで一気に盛り上がります。 自分も最初の「ロッキー」を観た時に戻っていました。
そしていくつになっても、自分に妥協しない、ロッキー・バルボアに感動しました。
シルベスター・スタローンが演じているのではなく、作中、彼がロッキーとして生きているのを感じました。 
そして、昔のように映画館を出る時の自分の歩き方が違っていました。


Rocky
ボクシングのシーンは、迫力満点

Rocky
この腹筋、この人60歳

Rocky
ちゃんと手がスクリューしています。


お気に入り度   

トリビア
5作目で息子役を演じたセイジ・スタローンは、スケジュールが合わず、今回の息子の役を断った。

作品中、5作目を除く全ての作品のフラッシュバックシーンが入っている。5作目が除かれたのは、スタローンの意向でここにも彼の5作目に対する自己評価が入っている。

ミスター・Tドルフ・ラングレンもオファーを受けたが出演を断っている。

コンピューター・シュミレーションでの仮想試合予想は、実際に1969年に1956年に無敗のまま引退したロッキー・マルシアノと、当時全盛期だったモハメド・アリの間で行われ、全ての予想がロッキー・マルシアノの勝利を予想した。 モハメド・アリはコンピューターを「アラバマ州製だ」と揶揄し、ロッキー・マルシアノは、1969年に飛行機事故で他界した。


Rocky
これが現在のエイドリアン


ここからは歴代のロッキー・バルボアのスチール
Rocky
最初の「ロッキー

Rocky
ロッキー2

Rocky
ロッキー3

Rocky
ロッキー4/炎の友情」 この作品から副題がつきはじめる。

Rocky
ロッキー5/最後のドラマ」 邦題の副題では、この作品で終わりになっちゃう。


監督
シルヴェスター・スタローン

キャスト
シルヴェスター・スタローンバート・ヤングアントニオ・ターヴァージェラルディン・ヒューズミーロ・ヴェンティミグリアトニー・バートン

情報サイト

オフィシャルサイト (英語)
オフィシャルサイト (日本語) 
IMDb      
みんなのシネマレビュー 
ヤフージャパン      
Allcinema 
Yahoo Movie  B+
Movie Web  
Rotten Tomatoes  76%

「ロッキー・ザ・ファイナル」の映画詳細、映画館情報はこちら >>

 人気blogランキングへ 

 にほんブログ村 映画ブログ 

 管理人のホームページ Welcome to Arizona 


The Pursuit of Happyness (幸せのちから)

2006年12月31日鑑賞
Happyness


Tagline:  N/A

ストーリー
1981年、サンフランシスコ。クリス・ガードナーは高級医療機器のセールスマン。
5歳になる息子クリストファーは彼にとって何より大切な存在。
実の父を知らずに育ったクリスは、愛する我が子には決して同じ思いをさせまいと心に誓っていた。
しかし折からの不況で仕事は思うようにいかず、家賃の支払いもままならない。ついには愛想を尽かした妻に去られ、家賃滞納で自宅からも立ち退きを命じられてしまう。
息子と安モーテルに引っ越したクリスは、一流証券会社の研修生となり、半年後にたった一人だけ採用となる正社員への道に最後の望みを託す。
だが、その半年間は無給。やがてモーテルにも泊まれなくなった父子は、ついに過酷なホームレス生活を余儀なくされるのだったが...
 (Allcinemaより)


Happyness
普通のおじさんを演じているウィル・スミス

Happyness
クラッシュ」でも好演したタンディ・ニュートン


管理人が選ぶ勝手な関連商品


   


ランキングに参加してます。
 

感想

2006年最後に観た作品です。
ウィル・スミスがまたいい演技を見せてくれました。
最後の恋のはじめ方」が彼の代表作の1つになったと思いましたが、この作品も間違いなく彼の代表作だと思います。
それと後から知ったのですが、子供役のジェイデン・スミスって、彼の実の子供じゃないですか。ウィルの才能をしっかり引き継いでいます。
無邪気で自然な演技で、ウィルに絡んでいます。

だんだん生活に貧窮していく親子が、未来を信じて明るく生きていくストーリーは、シーンの所々で涙を少しは誘いますが、僕にはいまいち入り込めませんでした。感動度が低いんです。子供がキャプテンアメリカを落としてしまったところと、トイレの中での嗚咽のシーンには、グッときましたが、やっぱり今ひとつです。
そしてちょっと消化不良気味で迎えた最後で、ウィルが採用の結果を受けるシーンで、彼の演技に、どっと涙が出てきました。ほんとに急にどっとです。
最後の恋のはじめ方」で、最後の彼女のアパートに行って、部屋の前での告白シーンで泣きながら笑わされた記憶がありますが、今回も普通のジワジワくる感動とは違い、驚かされました。

最後に邦題の「幸せのちから」は、悪くはないのですが、本来の意味とは逆に受身になっていると思います。
主人公は、自分の可能性を信じて、幸せを信じて、子供の為に追い求めて努力したのです。
だからPursuitなんです。これは「独立宣言」からの引用なんですよね。
本来は、自分から求めることによってつかめる「幸せ」と言う意味が、邦題だと「幸せ」にめぐり合えたとか、「幸せ」を与えられたという、受身的に感じてしまうのは、僕だけかな。


Happyness
週末に子供を連れて医療器のセールスを続ける


Happyness
子供を食べさせるのがやっとの生活


お気に入り度 ★★★

トリビア
本当のChris Gardnerが、最後にウィルと子供を追い越していく男性としてカメオ出演している。

本当のホームレスがエキストラとして使われた。時給はサンフランシスコの最低保障賃金の$8.62.


Happyness
これが精一杯の遠出旅行

Happyness
この頃がどん底


監督
ガブリエレ・ムッチーノ 

キャスト
ウィル・スミスジェイデン・クリストファー・サイア・スミスタンディ・ニュートン 

情報サイト

オフィシャルサイト (英語)
オフィシャルサイト (日本語) 
IMDb
みんなのシネマレビュー
映画の森てんこ森
ヤフージャパン
Allcinema
Yahoo Movie
Movie Web
Rotten Tomatoes

 人気blogランキングへ 

 にほんブログ村 映画ブログ 

 管理人のホームページ Welcome to Arizona 


Saw III (ソウ3)

2006年11月03日鑑賞
Saw3


Tagline: Sometimes Rules Are Meant To Be Broken...

ストーリー
不倫に溺れる女性外科医リンが何者かに誘拐される。リンが目覚めると、目の前には瀕死の殺人鬼“ジグソウ”が横たわっていた。
ジグソウに付き従うアマンダがリンにルールを伝える。
それは、ある男に仕掛けたゲームが終わるまで、ジグソウを延命させること。ジグソウの心臓が止まれば、リンの首に巻かれた爆弾も爆発する。
その頃、食肉工場の地下室で一人の男が目を覚ます。彼はひき逃げで最愛の息子を失った父親ジェフ。
彼はそこで鎖につながれた3人の男女を目撃する。一人はひき逃げを目撃しながら法廷で証言しなかった女。もう一人は、犯人に軽い罰しか与えなかった判事。そして最後に、愛する息子をひき殺した男。
ジェフは、この3人の運命が自分にゆだねられていることを知るのだった...
 (Allcinemaより)


Saw
今回も絶好調のジグソウおじさん

Saw
リンのクビにアマンダがつけるのは、散弾銃の弾


管理人が選ぶ勝手な関連商品
   


ランキングに参加してます。
 

感想

相変わらず、顔をしかめる痛い作品。
ストーリーも、過去の2作品のフォローアップをして、それぞれの作品の繋がりを明らかにさせています。
1作目があまりにも衝撃的だったので、その後の作品はどう作っても評価が下がるのは仕方ないと思います。
それでも、この作品中で2つのストーリーを同時進行させて、その上過去の謎解きも入れ、最後にすっきりまとめたのは、最初の作品の勢いだけで作っているのではない証拠だと思います。
何よりも、きっちりした脚本が、このシリーズの強み。
ただ、今回は比較的あからさまに、ゲームを仕掛けている相手をばらすシーンが多く出て来たので、謎解きの深みはなかったです。

それにしても、拷問シーンが痛すぎる。
脳手術のシーンは、「プラスチック、プラスチック」と唱えながら観ていました。
女医役のバハー・スーメクは、どこかで観た事があると思ったら、トム・クルーズの奥さんの代わりに射殺されるフィリップ・シーモア・ホフマンの通訳の人だった。

この作品の1番の謎は、何故ポスターが歯になっているのかという事です。
2007年10月には、4作目も公開されます。(この痛さがまだ、続くのか...)

日本では11月18日より、作品の秘密を守る厳戒態勢で公開が始まったらしいが、それなら何でオフィシャルサイトで、ほとんど全部のストーリーをバラしてるの?


Saw
刑事のケリーまで被害に


Saw
今回の最高に痛い場面の一つ


お気に入り度 ★★★

トリビア
この作品のプロデュサーは、「Scary Movie 4」のプロデュサーに、作品の中で使われた「ソウ」 のパロディーのセットを使わせて欲しいと依頼した。

当初、この作品は18歳未満(17歳以下)禁止の「NC-17」に指定され、「R」に変えるために、アメリカ映画協会に7回も検札を受けている。


Saw
食肉工場でジェフのゲームが始まる

Saw
冷凍庫の中で裸で吊るされ、冷水がかけられる

Saw
こいつは誰だ


監督
Darren Lynn Bousman (ダーレン・リン・バウズマン

キャスト
Tobin Bell (トビン・ベル)、Shawnee Smith (ショウニー・スミス)、Angus Macfadyen (アンガス・マクファーデン )、Bahar Soomekh (バハー・スーメク

情報サイト

オフィシャルサイト (英語)
オフィシャルサイト (日本語) 
IMDb
みんなのシネマレビュー
映画の森てんこ森
ヤフージャパン
Allcinema
Yahoo Movie
Movie Web

 人気blogランキングへ 

 にほんブログ村 映画ブログ 

 管理人のホームページ Welcome to Arizona 


[READ MORE...]


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。