プロフィール

かめ

  • Author:かめ
  • アリゾナから撮りたての映画を紹介します。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する


アリゾナ映画ログ - 砂漠から...
アリゾナから撮りたての作品を紹介しています。
ランキングに参加してます。

にほんブログ村 映画ブログへ 人気blogランキングへ

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Happy Feet (ハッピー フィート)

2006年11月24日鑑賞
Happy Feet


Tagline:  WARNING: May Cause Toe-Tapping.

ストーリー
寒い南極大陸、そこに住むのはアツい皇帝ペンギンたち。飛ぶことをやめて数千万年、長~い歴史の教えを守り、日々の糧を授かっている。 
心には歌を、胃袋には魚を、そして新たな命には生き抜くための知恵と愛を... 生まれてきた子供たちがペンギン小学校で習ういちばん大切なことは、"心の歌"。 自分だけの「チキン肌の立つような」歌を見つけ、歌でハートを伝えるのだ。
いつか自分のパートナーにぶさわしい異性に出会い、"心の歌"で相手の愛をゲットする――そんな歌こそすべての国で、あろうことか救いようのないオンチに生まれてしまった不運な子ども、それが小さなマンブルだった。
マンブルは"心の歌"が歌えない。歌よりも足が勝手に動き出す。そう、彼は生まれついての天才ダンサー! 歌はダメでもタップは極上!だけどそれではペンギン失格。 はみ出し者のマンブルに眉をひそめる長老たち。曰く「あいつは腐った卵」。折しも国は、史上最大の魚不足。すべての災難を、ついにはマンブルのせいにされ、なんと国外追放に!
それでもマンブルはくじけない――「ボクは自分を変えられない。ダンスをやめるなんてムリ、足が勝手に動くんだ!」
マンブルは自分を証明するため、そしてペンギン界を救うため、果てしない冒険の旅に出た!...
 (Cinema Topic Onlineより)


Happy Feet
アニメお決まりのジェットコースターシーン満載

Happy Feet
主人公のMumbleって、「もぐもぐ言う、ハッキリしない口調」って意味

Happy Feet
この人の首に巻きついているのは?


管理人が選ぶ勝手な関連商品


   


ランキングに参加してます。
 

感想

公開後、すぐ興収トップになり、3週続けて1位を維持した、話題のアニメ作品。
これは、売り上げては及ばないものの、2006年に1番人気の「
カーズ」の2週連続1位の記録を破っています。
自分はミュージカルが苦手なので、子供のお付き合いで見たのですが、アニメのミュージカルは、人間が表現する、あの観ている方が恥ずかしくなる感じがなくてよかったです。
ストーリーは、子供向けにしては、主人公が味わう仲間外れの挫折感と、人間に飼われた時の虚脱感や絶望感を、比較的リアルに、そして残酷に伝えています。
中盤で、この物語はこれから何処にいくのだろうと、心配になりました。
そんな中での救いは、ひょうきんなキャラクターのアミーゴズですね。
見事なまでステレオ化されたラテン系アメリカ人4人組が、主人公のマンブルを勇気づけます。
そしてこの作品の1番の見どころは、見事なCGの表現力にあると思います。
ペンギンの細かな体毛の1本1本の動きや顔の表情が見事に表現されています。
あの見分けにくい顔の表情を、1人1人(1羽1羽)ちゃんと別人(別ペンギン)として描かれています。
そして風景もまるで実写のようです。
何より感心したのは、雪の表現です。白を撮るのって実写でも、間延びした映像になって難しいと思うのですが、その白と影が上手く表れていました。
大人でも十分楽しめる作品です。


Happy Feet
この影と足跡の肌理の細かさ

Happy Feet
バリバリのミュージカル



Happy Feet
実写なのでは?


お気に入り度 ★★★

トリビア
プリンスは、当初「Kiss」を使用する事を断っていたが、試写を見てからその曲の使用を許可しただけではなく、クロージングクレジットに流れるオリジナル曲を提供している。

ブリタニー・マーフィ 、ヒュー・ジャックマン 、ニコール・キッドマンは、全て自分で歌っている。

この作品は、スティーブ・アーウィンの遺作となり、彼に捧げられた。



Happy Feet
音痴の原因?

Happy Feet
大うけのアミーゴース


監督
ジョージ・ミラー

キャスト
イライジャ・ウッド 、ブリタニー・マーフィ 、ヒュー・ジャックマンニコール・キッドマンヒューゴ・ウィーヴィングロビン・ウィリアムズ

情報サイト

オフィシャルサイト (英語)
オフィシャルサイト (日本語) 
IMDb     
みんなのシネマレビュー 
映画の森てんこ森
ヤフージャパン      
Allcinema 
Yahoo Movie  B
Movie Web  
Rotten Tomatoes  75%

 人気blogランキングへ 

 にほんブログ村 映画ブログ 

 管理人のホームページ Welcome to Arizona 


Flags of Our Fathers (父親たちの星条旗)

2006年5月20日鑑賞
父親たちの星条旗


Tagline: A Single Shot Can End The War.

ストーリー
アメリカ、ウィスコンシン州で葬儀社を営むひとりの老人。今、彼には最期の時が迫っていた。彼の名は、ジョン・“ドク”・ブラッドリー。彼は1945年、太平洋戦争の激戦地として名高い硫黄島に、海軍の衛生兵として出兵していた。しかも、その時撮られた1枚の写真によって、米国中から“英雄”と讃えられた輝かしい過去があった。しかし彼は、その事について決して語ろうとはしなかった……。硫黄島で何を見たのか。父は何故沈黙を貫こうとするのか。父の最期を見守る彼の息子が、硫黄島の真実を辿り始める。... (Goo映画より)


父親たちの星条旗
ヒーローに仕立て上げられた3人

父親たちの星条旗
これが有名なシーン

Flag
星条旗を立てた実際の兵士と役者名 (Wikipediaとヤフームービーにリンクしています)
Ira Hayes アダム・ビーチFranklin Sousley ジョセフ・クロス
John Bradley ライアン・フィリップHarlon Block ベンジャミン・ウォーカー
Michael Strank バリー・ペッパーRene Gagnon ジェシー・ブラッドフォード


父親たちの星条旗
一瞬「プラトーン」かと思った

父親たちの星条旗
戦闘シーンは大迫力

父親たちの星条旗
史上最大の作戦 」を彷彿させる


管理人が選ぶ勝手な関連商品
   


ランキングに参加してます。
 

感想

この作品は、もうあっちこっちで語りつくされていまさら感想もないと思いますが、すっかり監督業がいたについた、クリント・イーストウッドが、「アカデミー賞ノミネート作っていうのは、こうやって創るんだよ」って教えてくれてる作品だと思います。
確かに大作で、ストーリーもしっかりして、役者の演技もよくて、メッセージがあって、戦闘シーンは度迫力で、そのコントラストに親子の愛と友情がゆっくりと悲しく描かれていて、どの部分をとっても完成度は高いです。
ただ、良い意味でも悪い意味でもそつがないと言うか、隙がないと言うか、つまり......やっぱりいい作品だと思います。
観客にこう思わせるところが、唯一の欠点なのかもしれません。

いつの時代にも、戦争と政治が醜く絡み合っているのを、あらためてメッセージとして受けました。
おバカのブッシュ大統領って、いつの時代にもいるんですね。
それと、もう1つイライラしたのが、目立ちたがりで、思いやりを知らないバカ女と、それに甘えるバカ男。
特に遺族に対面するシーンでは、本当に腹がたちました。

戦闘シーンは凄いです。高台から容赦ない銃弾、手榴弾を浴びながら、絶望的な坂を闘い上って行くシーンは、「ハンバーガー・ヒル」を思い出しました。
それに「プラトーン」と「ディア・ハンター」を足して、「スタンド・バイ・ミー」で割ると、この作品に近いものが出来るのでは、ふと思いました。

こうしてとってもそつなく、過去の名作を思い浮かばせるこの作品にも、1つ画期的な試みがあります。
それは全く同じ事件を別の観点から2部作として創られた作品は過去にないらしいです。
そういう意味では、「硫黄島からの手紙」も含めて評価をするのが、いいかもしれません。


父親たちの星条旗
最初は誰が誰だか分からない

父親たちの星条旗
若者達のよき理解者のストランク軍曹

父親たちの星条旗
とっても、もったいないポール・ウォーカーの使い方

父親たちの星条旗
このままスクリーン入っていてもおかしくない御大


お気に入り度 ★★★

トリビア
日本政府が硫黄島での撮影を許可しなかったので、同じ黒い砂のビーチがあるアイスランドで撮影が行われた。

フィルムを映画館に送る時、海賊コピーから守る為に、「モンタナ」というタイトルで送られた。また最初の1缶は、残りの7缶とは別に送付された。


父親たちの星条旗
硫黄島の写真に対しトップは東京大空襲の大きな見出し

父親たちの星条旗
歴史を撮ったカメラマン

父親たちの星条旗
本当の国旗掲揚は、あっけなく行われた


監督
Clint Eastwood (クリント・イーストウッド

キャスト 実際の人物へのリンクもあり
Ryan Phillippe (ライアン・フィリップ John "Doc" Bradley役)、Jesse Bradford (ジェシー・ブラッドフォード Rene Gagnon役)、Adam Beach (アダム・ビーチ Ira Hayes役)、Barry Pepper (バリー・ペッパー Mike Strank役)、Paul Walker (ポール・ウォーカー Hank Hansen役)、Robert Patrick (ロバート・パトリック)、Neal McDonough (ニール・マクドノー

情報サイト

オフィシャルサイト (英語)
オフィシャルサイト (日本語) 
IMDb
みんなのシネマレビュー
映画の森てんこ森
ヤフージャパン
Allcinema
Yahoo Movie
Movie Web

 人気blogランキングへ 

 にほんブログ村 映画ブログ 

 管理人のホームページ Welcome to Arizona 


Invincible (インヴィンシブル)

2006年10月6日鑑賞
Invincible


Tagline: Dreams are not lived on the sidelines

ストーリー
プロフットボールチームのフィラデルフィア・イーグルスは、数年来の成績不振から、新しいコーチ、ディック・ヴァーメイル(グレッグ・キニア)を、名門大学からスカウトした。
彼は、負け癖のついている選手を刺激する為に、
公開入団テストを行った。
その頃、フィラデルフィアは大不況にあり、教員資格がありながら職に就けず、臨時教師とバーテンダーで生計を立てていたヴィンス・パパル(マーク・ウォールバーグ)は、妻に逃げられくすぶっていた。
彼は、仲間に勧められて、しぶしぶ入団テストを受ける。
そして見事テストをパスし、30歳のNFL最年長のルーキーとしてイーグルス入団する。
キャンプ入りしたヴィンスを待っていたのは、プロのプライドを傷つけられたチームメイトと、キャンプ中に容赦なく選手をふるい落とすプロの厳しい現実だった
...


Invincible
この人、身長こそ174センチと小柄だが、体つきはプロの選手と遜色ない

Invincible
この女優さんは、始めてみる顔だが「スパイダーマン 3」にも出ています


管理人が選ぶ勝手な関連商品
    


ランキングに参加してます。
 

感想

実話です。
1976年に30歳で大学でのフットボール経験が全くなくFNLのプロ選手になったのは、この人が最初で最後でしょう。
アメリカのプロスポーツは、大学で経験と体力をつけてからでないと、先ず成功しませんから。

今回は、マーク・ウォールバーグが、押さえ気味の演技で我慢を前面に出しています。
Departed」で機関銃のように「Fxxx」を連発していた時とは、180度の転換。
グレッグ・キニアも、苦悩するコーチを上手くこなし、いつもの器用さを見せています。

彼等の内面の葛藤を上手く表現しているのと対照的に、フットボールの練習、試合のシーンは、度迫力で迫ってきます。
タックルされるシーンなど
、ぶつかり合う音も凄まじく、こっちも身をよじってしまう。

終盤の感動のシーンも、もちろん印象深かったですが、もう1つ特に印象に残ったのは、プレシーズン初日の試合前に、緊張のあまりトイレでもどしてしまうシーン。
しかもコーチまで。
細かい演出ですが、本当のプロの厳しさを伝えています。

ディズニーが創るスポーツドラマ、まあ安心して観られる作品です。


Invincible
最近、とても露出度の高いグレッグ・キニア


Invincible
モデルになった実際のヴィンス・パパル。 彼は3年間プロとしてプレイしました。


お気に入り度 ★★★

トリビア
Dallas Cowboysとの試合で、実際のエキストラの観客は、1階席の2セクションだけで、あとの観客は全てコンピューターグラフィック。


Invincible
最後にはプロのガードを倒すことが出来た

Invincible
心のよりどころは、駐車場で仲間とプレイするゲーム


監督
Ericson Core

キャスト
Mark Wahlberg (マーク・ウォールバーグ)、Greg Kinnear (グレッグ・キニア)、Elizabeth Banks (エリザベス・バンクス

情報サイト

オフィシャルサイト (英語)
オフィシャルサイト (日本語) 
IMDb
みんなのシネマレビュー
映画の森てんこ森
ヤフージャパン
Allcinema
Yahoo Movie
Movie Web

 人気blogランキングへ 

 にほんブログ村 映画ブログ 

 管理人のホームページ Welcome to Arizona 


Gridiron Gang (原題 グリディロン・ギャング 邦題未定)

2006年9月30日鑑賞
Gang


Tagline: One goal. A second chance.

ストーリー
少年院の保護監察官を勤めるショーン・ポーター(ザ・ロック) は、荒みきった少年達に、自分に自信を持たせ、社会人としての責任を教えるために、フットボール・チームを設立する。
そして、何とか地元高校チームのリーグ戦参加の許可を得る。
最初は、全くまとまりのない不良生徒の寄せ集めチームが、リーグ戦に向けてだんだん一つになっていく。
そして初戦は優勝候補のチームとあたる。
そのゲームでショーンは、勝利をあせるあまり、生徒達を怒鳴り散らし、プライドを傷つけた上、大敗してしまう。
あまりのショーンの横暴ぶりと、試合に負けたショックから、チームを離れていく少年達...



Gang
今回は演技力を見せてくれたロック

Gang
笑わなければ、不良少年達より不良っぽいジビット


管理人が選ぶ勝手な関連商品


   


ランキングに参加してます。
 

感想

犯罪者の寄せ集めであるチームをまとめながら、世間からの偏見にも負けず、チームに生きる希望と勇気を与えようと必死になるポーター。そんなポーターに 初めは反抗していたチーム・メンバーも、やがて心を開き初め、次第に成長していく。
ストーリーはよくあるスポーツドラマだ。全くひねりのない、直球のストーリー。
まあ、実話を元にしているので、それほど奇抜なストーリーには出来ないだろうが。
去年、サミュエル・L・ジャクソンが主演した、「コーチ・カーター」も実話を元にした、スポーツドラマだが、少年達を差別や貧困やバイオレンスから守り、更生させようと努力する教師達が本当に存在すると事に、感動する。
年に何本かは、観ていいテーマだと思う。
同じようなスポーツドラマで、今年前半に公開された黒人差別をテーマにした「グローリー・ロード
」もお勧め。


Gang
常に縄張り抗争の絶えない貧困街で育ったウィリー


Gang
この手のドラマで必ずいる、ちょっとギャグなジュニア


お気に入り度 ★★☆

トリビア
レスリングを引退したザ・ロックは、今後俳優のデュエイン・ジョンソンを名乗っていくと明言した。


Gang
この瞬間を味わいたくて

Gang1
実際のショーン・ポーター


監督
Phil Joanou (フィル・ジョアノー

キャスト
The Rock (ザ・ロック)、Xzibit (ジビット

情報サイト

オフィシャルサイト (英語)
オフィシャルサイト (日本語) 
IMDb
みんなのシネマレビュー
映画の森てんこ森
ヤフージャパン
Allcinema
Yahoo Movie
Movie Web

 人気blogランキングへ 

 にほんブログ村 映画ブログ 

 管理人のホームページ Welcome to Arizona 


Just My Luck (原題 ジャスト・マイ・ラック 邦題未定)

2006年5月23日鑑賞
Just My Luck Poster


Tagline: Good luck charm. Bad luck magnet.

ストーリー
アシュリー(リンジー・ローハン)は、マンハッタンの広告代理店に勤め、その人並みはずれた強運で、仕事でも私生活でも幸せ一杯の毎日を送っている。
一方、ジェイク(クリス・パイン)は、徹底的にツキに見放され、ボーリング場で下働きをしながら、McFlyと言うバンドをプロデュースしようと頑張っている。
この2人が仮面舞踏会で出会い、キスをしたことから、二人の運が逆転してしまった...



JustMy Luck 1
主演のリンジー・ローハンとクリス・パイン

Just My Luck 2
序盤の運が絶好調の時

Just My Luck 3
運がどん底で、盗んだ相手を探しているシーン


管理人が選ぶ勝手な関連商品



ランキングに参加してます。
 

感想

Mission: Impossible III (ミッションインポッシブル3)Poseidon (ポセイドン)The Da Vinci Code (ダ・ヴィンチ・コード)と大作続きだった5月の、ちょっと一休みの作品。
子役から出てティーンに人気のリンジー・ローハンとThe Princess Diaries 2: Royal Engagementで人気の出て来たクリス・パインのラブコメディー。
この手の作品で内容についてゴチャゴチャ言うのは、あまり意味がないので触れない、というよりあまり触れようがない。
まあ、何も考えず観る作品。

一つ触れたいのがリンジー・ローハンその人。まだ20歳前なのに随分老けて見える。 
アメリカで子役、ティーンで人気が出て、お馬鹿になっていく代表格のような彼女。
本当の馬鹿で露出狂のパリス・ヒルトンは、別格にしてブリトニー・スピアーズといい勝負していると思う。
それを追うのはジェシカ&アシュリー・シンプソンオルセン姉妹ヒラリー・ダフあたりか。
これもパリス・ヒルトンは抜きにして(彼女は本業で輝いていた時期はない、本業が何かもわからない)、みんな子役として歌手として一世を風靡して人気が出て、そのうち本業よりもゴシップでの方が大きく話題になり、他の女優・歌手との罵り合い、激ヤセ、整形、アルコール、ドラッグ... そして結局どんどん醜くなっていく。
どうしてこう素直に堕ちていくのか。



Just My Luck 4
このキスで運がジェイクに移ってしまう


お気に入り度 ★★☆

トリビア
特になし


監督
Donald Petrie (ドナルド・ペトリ

キャスト
Lindsay Lohan (リンジー・ローハン)、Chris Pine (クリス・パイン)、Faizon LoveMissi PyleSamaire ArmstrongBree Turner (ブリー・ターナー

情報サイト

オフィシャルサイト (英語)
オフィシャルサイト (日本語) 
IMDb
みんなのシネマレビュー
映画の森てんこ森
ヤフージャパン
Allcinema
Yahoo Movie
Movie Web

 人気blogランキングへ 

 にほんブログ村 映画ブログ 

 管理人のホームページ Welcome to Arizona 




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。