プロフィール

かめ

  • Author:かめ
  • アリゾナから撮りたての映画を紹介します。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する


アリゾナ映画ログ - 砂漠から...
アリゾナから撮りたての作品を紹介しています。
ランキングに参加してます。

にほんブログ村 映画ブログへ 人気blogランキングへ

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

When a Stranger Calls (夕暮れにベルが鳴る)

2006年2月4日鑑賞
ストレンジャー

Tagline: Whatever You Do, Don't Answer The Phone.

ストーリー
高校生のジル・ジョンソンは、急遽頼まれたベビーシッターのアルバイト先に向かう。
そこは、人里離れた森の中にある、医者のマンドラキス家族が住む大きくて、モダンな屋敷だった。
彼らは、ジルに家の中を簡単に案内し、2人の子供が具合が悪く2階で寝ているので起さないように注意した。
加えて、お手伝いが1人いるが、彼女は時間が来ると帰宅する事、そして離れにティーンエージの息子が住んでいる事を説明した。
そして夜中の12時頃には帰宅すると言って出かけて行った。
残ったのはジルと猫一匹。
マンドラキスに言われたコードで、セキュリティー会社の防犯システムを作動させた。

しばらくすると、変な物音がしたり、無言の電話が頻繁に掛かって来たり、まだハンドバックや携帯電話があるのにお手伝いが姿を消したりと、奇妙な事が次々に起こり、ジルの長い夜が始る。
この家に来てから、まだ1度も子供達を見ていない事も気になりだした...


ストレンジャー1


ランキングに参加してます。
 

感想
1979年の「When a Stranger Calls 邦題 夕暮れにベルが鳴る」のリメイク作品。
自分はオリジナルを観ていないが、前作とは、どうもかなり構成が違う様だ。

前半は、ハリウッド映画特有の音とビックリ箱的な映像の脅かしが続くが、いまいちカラ回りしている。脅かさなくてもいい場面では、脅かさなくてもいいのに。
「犯人は誰、そして何処にいる」、という謎でも引っ張るが、蓋を開けると何の工夫も無い展開。
あれだけ子供部屋に何があるのか、離れに何があるのか引っ張ったのに、ここも拍子抜け。
そして全ての複線を、あまりにもあからさまに見せているので、何が何処に繋がっていくか、ほとんど丸見え状態。(例えば猫と小鳥、暖炉と火かき棒、モーションセンサーの照明、中庭のシャワー装置、等々)
脚本の差が出たか?

サイモン・ウェストは1人芝居的な長丁場を頑張ったが、もう少し演技力が欲しかった。

ストレンジャー2


お気に入り度 ★☆☆

トリビア
The Babysitter and the Man Upstairs」 の伝説は本当にある。

ストレンジャー3

監督
サイモン・ウェスト

キャスト
カミーラ・ベル

情報サイト
オフィシャルサイト
IMDb
みんなのシネマレビュー
映画の森てんこ森
ヤフージャパン
Allcinema
Yahoo Movie
Movie Web


 人気blogランキングへ 

 にほんブログ村 映画ブログ 

 管理人のホームページ Welcome to Arizona 

スポンサーサイト

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://usagikame.blog10.fc2.com/tb.php/9-50582eab
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。