プロフィール

かめ

  • Author:かめ
  • アリゾナから撮りたての映画を紹介します。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する


アリゾナ映画ログ - 砂漠から...
アリゾナから撮りたての作品を紹介しています。
ランキングに参加してます。

にほんブログ村 映画ブログへ 人気blogランキングへ

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

The Matador (原題 マタドール 邦題未定)

2006年1月29日鑑賞
マタドールポスター


Tagline: 
A hitman and a salesman walk into a bar...

ストーリー
ジュリアン・ノーブルは、とても腕の立つ殺し屋。 
仕事でメキシコシティーに来ているが、スランプでかなり落ち込んでいる。
仕事柄、体を休める家もなく、相談出来る友人もいなかった。

ダニー・ライトは、普通のビジネスマン。但し、このところ仕事が行き詰まり、経済的に危機的状態にある。
彼の今後を左右する様な、大きなビジネスのチャンスがあり、その商談の為、やはりメキシコシティーに来ていた。
ある晩、2人はホテルのバーで知り合う。
初対面にもかかわらず、失礼な言葉を浴びせるジュリアンに苛立つダニー。
それでもジュリアンのペースに乗せられ、翌日2人で闘牛を見に行く。
そこでジュリアンは、自分の職業を明かし、ダニーに今度の仕事を手伝って欲しいと持ちかける。
ダニーは当然断るが、その夜、商談が上手く行かず悩んでいるダニーの部屋を、またまたジュリアンが訪ねてきた。

何ヶ月も経ったクリスマスの時期、メキシコでの商談に成功し、妻のキャロラインと仲良く暮らすダニーとの家に、突然ジュリアンが訪ねてきた。

マタドール1


ランキングに参加してます。
 

感想

ストーリー的に特別の面白さとか、斬新さとかは、みられない。
ピアース・ブロスナンとグレッグ・キニアの漫才を見ているような作品。
所々に見せるギャグは、自分的には結構受けた。(特に、最後の方で、ピアース・ブロスナンがチアガールになって飛び跳ねるシーン)

ピアース・ブロスナンは、ジェームス・ボンドで築いたクールな2の線を、完全に捨てた様だ。
Laws of Attraction」でコミカルな演技を見せたが、今回の作品は、コミカルに妙な汚さが加わっている。
今後の出演予定作品を見てみると「Seraphim Falls」をはじめ、コメディーは予定されていないので、今回はちょっとした息抜きと言うところか。

相手役のグレッグ・キニアは、どこかで観たことがあると思ったら、マット・デイモンと「Stuck on You (ふたりにクギづけ)」に出ていた俳優だった。
とぼけた表情がとても和まされる。

マタドール2


お気に入り度 ★★☆

トリビア
ピアース・ブロスナンは、若い頃サーカスで炎を食べるパーフォーマンスをしていた。 今でも炎を食べられる。

マタドール3


監督
リチャード・シェパード

キャスト
ピアース・ブロスナングレッグ・キニアホープ・デイヴィス

情報サイト
オフィシャルサイト
IMDb
みんなのシネマレビュー
映画の森てんこ森
ヤフージャパン
Allcinema
Yahoo Movie
Movie Web


 人気blogランキングへ 

 にほんブログ村 映画ブログ 

 管理人のホームページ Welcome to Arizona 

スポンサーサイト

この記事に対するコメント
こんにちは
ランキングサイト見てたら記事が出ていたので、見にきました。
【2006/03/03 11:26】 URL | モチロン #- [ 編集]


この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://usagikame.blog10.fc2.com/tb.php/8-ff0948ae
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。