プロフィール

かめ

  • Author:かめ
  • アリゾナから撮りたての映画を紹介します。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する


アリゾナ映画ログ - 砂漠から...
アリゾナから撮りたての作品を紹介しています。
ランキングに参加してます。

にほんブログ村 映画ブログへ 人気blogランキングへ

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Rocky Balboa (ロッキー・ザ・ファイナル)

2007年1月3日鑑賞
Rocky


Tagline:  It ain't over 'til it's over.

ストーリー
ボクシング界から退いたロッキーは、今は小さなイタリアン・レストランを経営している。 愛妻エイドリアンはすでに他界し、息子Jr.も有名人の父に反発して家を出ていった。
亡き妻との思い出にすがって生きるロッキーは、彼女の命日に墓参りをし、自らの胸の奥底にまだ情熱がくすぶっていることに気づく。 
再びプロ・ボクサーのライセンスを取得するロッキー。 そんなときテレビ局が往年のロッキーと無敵の現役世界チャンピオン、ディクソンの強さを比較するシミュレーション番組を放送したことから、両者の対戦企画が持ち上がる。ロッキーはある決意を胸に秘め、リングに上がるのだった...
 (作品資料より)


Rocky
最後の「ロッキー5/最後のドラマ」から16年ぶりの、トレードマークの帽子と黒のTシャツ姿

Rocky
ロッキーJr役のアントニオ・ターヴァーは、ほとんど無名の役者。「Stay Alive」に出ていたらしいが、スチールも見当たらない。多分最初に殺された若者役。

Rocky
この人、昔から老けているからあまり変わっていません。

Rocky
彼女もほとんど無名


管理人が選ぶ勝手な関連商品
     


ランキングに参加してます。
 

感想

最後のストリートファイトの「ロッキー5/最後のドラマ」から16年、ロッキー・バルボアが戻って来た。
スタローンも、あの最後の作品の脚本は失敗だったと認めていて、その汚名挽回で本当のロッキーの最終作品を創りたかったのだと思います。
多分5作目の事だと思いますが、「あの頃は自分も、作品に集中していなかった」とスタローンはインタビューに答えています。

ロッキーといえば、30年前の1976年に衝撃のデビューで、ファンの心をつかみました。2作目まではオリジナルの色が出ていたのが、3,4作目でほとんど「ランボー」になってしまって、ソ連まで乗り込んでしまう。
そして家族以外、全てを失い、ショービジネスのボクシングファイトを選ばず、ストリートファイトに戻っていったのが前作まで。

今回は、最愛の妻を亡くし、息子も父親の名前から逃げるようになって、オリジナル作の時のように一人ぼっちのロッキーです。
あるのは自分の小さなレストランだけで、そこのお客に自分の過去を繰り返し語るシーンが、寂しく映されています。
この作品には原点に戻った超人でない、ロッキーがいます。
いつまでも忘れられない妻、どう対応していいか分からない息子に思い悩み、唯一、気持ちを和らげてくれるのが、ボクシングでした。

満を持して望んだだけに、60歳のスタローンは見事な体を作っています。
ファイトシーンも迫力満点で、あのロッキーです。
最後のシーンも印象的で、試合直後いつも必ず彼がいた所に、今回は彼はいませんでした。 これが最後なんだというメッセージだと思います。 名作を上手く締めくくったと思います。
感動も、オリジナルの時に近くて、ジワジワと染込んできて、最後のファイトシーンで一気に盛り上がります。 自分も最初の「ロッキー」を観た時に戻っていました。
そしていくつになっても、自分に妥協しない、ロッキー・バルボアに感動しました。
シルベスター・スタローンが演じているのではなく、作中、彼がロッキーとして生きているのを感じました。 
そして、昔のように映画館を出る時の自分の歩き方が違っていました。


Rocky
ボクシングのシーンは、迫力満点

Rocky
この腹筋、この人60歳

Rocky
ちゃんと手がスクリューしています。


お気に入り度   

トリビア
5作目で息子役を演じたセイジ・スタローンは、スケジュールが合わず、今回の息子の役を断った。

作品中、5作目を除く全ての作品のフラッシュバックシーンが入っている。5作目が除かれたのは、スタローンの意向でここにも彼の5作目に対する自己評価が入っている。

ミスター・Tドルフ・ラングレンもオファーを受けたが出演を断っている。

コンピューター・シュミレーションでの仮想試合予想は、実際に1969年に1956年に無敗のまま引退したロッキー・マルシアノと、当時全盛期だったモハメド・アリの間で行われ、全ての予想がロッキー・マルシアノの勝利を予想した。 モハメド・アリはコンピューターを「アラバマ州製だ」と揶揄し、ロッキー・マルシアノは、1969年に飛行機事故で他界した。


Rocky
これが現在のエイドリアン


ここからは歴代のロッキー・バルボアのスチール
Rocky
最初の「ロッキー

Rocky
ロッキー2

Rocky
ロッキー3

Rocky
ロッキー4/炎の友情」 この作品から副題がつきはじめる。

Rocky
ロッキー5/最後のドラマ」 邦題の副題では、この作品で終わりになっちゃう。


監督
シルヴェスター・スタローン

キャスト
シルヴェスター・スタローンバート・ヤングアントニオ・ターヴァージェラルディン・ヒューズミーロ・ヴェンティミグリアトニー・バートン

情報サイト

オフィシャルサイト (英語)
オフィシャルサイト (日本語) 
IMDb      
みんなのシネマレビュー 
ヤフージャパン      
Allcinema 
Yahoo Movie  B+
Movie Web  
Rotten Tomatoes  76%

「ロッキー・ザ・ファイナル」の映画詳細、映画館情報はこちら >>

 人気blogランキングへ 

 にほんブログ村 映画ブログ 

 管理人のホームページ Welcome to Arizona 

スポンサーサイト

この記事に対するコメント

こんにちは☆かめさん

コメントTBありがとうございます☆

おおー、過去のロッキーのスチール
わたしは見つけるの大変なのでDVDのジャケで済ましましたが
ちゃんと判りますねー。

スタローンにはまだまだ頑張って欲しいですね!
ランボー続編はヒットするのかな?(笑)
【2007/04/02 18:57】 URL | mig #- [ 編集]


migさん、
ありがとうございます。
過去のスチールを載せるのは、結構大変でした。
ランボーは楽しみにしている作品の1つです。
【2007/04/11 17:22】 URL | かめ #B5bH0cjo [ 編集]

こんにちわ!
かめさん、TBコメントありがとうございました。

現在のエイドリアンの画像にちょっと驚きました・・やっぱ歳を感じますね。
ペットショップで変なめがねをかけて働いていた頃から考えると、
ずいぶんおば様になりました・・・。

この作品ってスタローン自身の人生ともカブるところがありますね。
そして、ロッキーと共に成長してきたロッキー世代の人々にとっても
とても思い入れが深いものなような気がします。

このシリーズを愛してやまない私。
大変満足のいく内容で、思い出すだけで興奮してきます(笑)。

ロッキーに「お疲れ様」と「ありがとう」を贈りたいです♪
【2007/04/18 18:31】 URL | 睦月 #- [ 編集]

こんばんは
最初のロッキーは勢いがありましたよね。
とても懐かしく感じましたが深い思い入れがないのでいまいちのめり込めず私は残念だったと思いました。
お父さん世代にはたまらないんでしょうね。
【2007/04/19 05:59】 URL | chikat #- [ 編集]


睦月さん、
あのエイドリアンがフランシス・コッポラの妹って知っていました?
と、言う事はソフィア・コッポラとニコラス・ケイジの叔母さんさんですよ。

chikatさん、
最初のロッキーは、何も失う物のないどん底から、這い上がってヒーローになり、観客に感動を与えました。
今回も、自分の信じる事にチャレンジして、また共感を呼んだと思います。
俳優スターローンも、ここまで体をいじめてお金儲けをしなくて言いと思われるので、やはり情熱に駆られて撮ったのでしょう。
【2007/04/20 13:19】 URL | かめ #B5bH0cjo [ 編集]


自分の記事にカメ、カメと連呼させてしまいました・・・お許しを。
現在のエイドリアン・・・あぁ、なんとなく見たくなかった。
【2007/04/20 19:40】 URL | kossy #YaTS71PM [ 編集]

こんにちは☆
うーん、残念。
どうしてもTBてきませんでした^^;

たまに拝見させて頂いているので是非TBしたかったのですが
うまくいかないみたいなので、せめてコメントを(笑)
長年のスタローンファンであり、ロッキーファンの自分ですが
上映時間中、ほとんど泣いていました(笑)

過去の色々な場面を思い出し感慨ひとしおです。
しかし残念なのは前作にあたるパート5ですね。
あれは必要なかったような気がします。
ジョン・G・アビルドセンがロッキーを成功者のまま終わらせず
パート1に近いテイストで描くようアドバイスしたらしいですが
ちょっと大きなお世話だったかも・・・^^;

やっぱりロッキーはロッキーでないと!
たとえお約束のラストシーンであっても、これがロッキーです☆
【2007/04/21 00:50】 URL | せるふぉん #RmVAfd/w [ 編集]


kossyさん、
いっぱい連呼していただいてありがとうございます。

せるふぉんさん、
コメントありがとうございます。なんでTB出来なかったんでしょうね。
最初のロッキーに戻ってよかったと思います。
やはり、あの薄汚れた街が彼のふるさとですから。
【2007/04/28 18:40】 URL | かめ #B5bH0cjo [ 編集]


この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://usagikame.blog10.fc2.com/tb.php/70-5d24145f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

ロッキー・ザ・ファイナル

2007年公開作品紹介第4弾は、シルベスター・スタローンを一気にスターダムに押し上げたアメリカン・ドリーム“ロッキー・バルボア”のファイナル・ファイトを描く「ロッキー・ザ・ファイナル」です。タイトル:ロッキー・ザ・ファイナル原題:ROCKY BALBOA公開日... CINEMA DEPOT's BLOG【2007/03/05 21:47】

ロッキーザファイナル

少し前になりますが、ロッキーザファイナルのマスコミ試写会に行きました。プラダを着た悪魔以上の人気で、入場制限あり。おじさんがたくさん見に来てました。妻のエイドリアンを亡くし、レストランを経営するロッキーが、現役のチャンピオンと闘うため最期のリン 世田谷のProducer【2007/03/15 08:38】

ロッキー・ザ・ファイナル / Rocky Balboa

あの、ロッキーバルモアが帰ってきた!!(といっても 別にファンじゃないの、{/face_tehe/})ロッキーバルモア?誰じゃそれ?ってな方も、あの、♪チャララ~チャララ~♪(わかんないって!)の音楽なら聴いたことあるハズ☆分からない人はこちらで。{/arrow_r/}公式サイ 我想一個人映画美的女人blog【2007/04/03 10:58】

ロッキー・ザ・ファイナル

何百万もの人々に希望と勇気を与えた、“ネバー・ギブ・アップ”の精神!、その闘いは、彼の夢を信じてくれたあらゆる人のために、・・・あのロッキー・バルボアが17年ぶりに帰ってきた!ボクシング界から身を退いたロッキーは、今は小さなイタリアン・レストランを経... パピ子と一緒にケ・セ・ラ・セラ【2007/04/17 22:02】

ロッキー・ザ・ファイナル(試写会)

【映画的カリスマ指数】★★★★★ ロッキーファンよ、王者復活に集え!!   カリスマ映画論【2007/04/19 08:33】

『ロッキー・ザ・ファイナル』

今更『ロッキー』、ストーリーも過去のシリーズの焼き直しのようでも、何故か熱い感動がある。 どんなに説教臭くても、エイドリアンを想って終始メソメソ泣いているような男でも、彼が“ロッキー”だから、気持ちが自然と寄り添ってしまう。 毒づきながらも、思わず泣いてし 試写会帰りに【2007/04/19 10:12】

「ロッキー・ザ・ファイナル」

「ロッキー・ザ・ファイナル」東商ホールで鑑賞ファイナルって騒ぐのでどこか違いがあるのかと期待したけど何も期待に応えるものはなく私には残念な作品としかいえません。あー、ロッキーを心から愛する方、スタローンファンの方本当にごめんなさい。ネタばれしちゃうのであ てんびんthe LIFE【2007/04/19 21:50】

ロッキー ザ・ファイナル

理屈や評価じゃない、ハートで観る映画だ! 八ちゃんの日常空間【2007/04/19 22:29】

立ち上がれ団塊の世代!【ロッキー・ザ・ファイナル】

エイドリア~ン! とフィアデルフィア美術館前の大階段で叫び、まさに「世界の中心で 犬も歩けばBohにあたる!【2007/04/19 22:49】

ロッキー・ザ・ファイナル☆独り言

シルヴェスター・スタローンの代表的な作品ロッキーなぜか、・・・ちゃんと観たことがございません^^;;;よくTVでパロディになっていたりしましたから「エイドリア~~~~~ン!!」って叫びとかリングのシーンは覚えているのですが、あえて、ちゃんと最初から終わり 黒猫のうたた寝【2007/04/21 07:58】

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。