プロフィール

かめ

  • Author:かめ
  • アリゾナから撮りたての映画を紹介します。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する


アリゾナ映画ログ - 砂漠から...
アリゾナから撮りたての作品を紹介しています。
ランキングに参加してます。

にほんブログ村 映画ブログへ 人気blogランキングへ

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

The Pursuit of Happyness (幸せのちから)

2006年12月31日鑑賞
Happyness


Tagline:  N/A

ストーリー
1981年、サンフランシスコ。クリス・ガードナーは高級医療機器のセールスマン。
5歳になる息子クリストファーは彼にとって何より大切な存在。
実の父を知らずに育ったクリスは、愛する我が子には決して同じ思いをさせまいと心に誓っていた。
しかし折からの不況で仕事は思うようにいかず、家賃の支払いもままならない。ついには愛想を尽かした妻に去られ、家賃滞納で自宅からも立ち退きを命じられてしまう。
息子と安モーテルに引っ越したクリスは、一流証券会社の研修生となり、半年後にたった一人だけ採用となる正社員への道に最後の望みを託す。
だが、その半年間は無給。やがてモーテルにも泊まれなくなった父子は、ついに過酷なホームレス生活を余儀なくされるのだったが...
 (Allcinemaより)


Happyness
普通のおじさんを演じているウィル・スミス

Happyness
クラッシュ」でも好演したタンディ・ニュートン


管理人が選ぶ勝手な関連商品


   


ランキングに参加してます。
 

感想

2006年最後に観た作品です。
ウィル・スミスがまたいい演技を見せてくれました。
最後の恋のはじめ方」が彼の代表作の1つになったと思いましたが、この作品も間違いなく彼の代表作だと思います。
それと後から知ったのですが、子供役のジェイデン・スミスって、彼の実の子供じゃないですか。ウィルの才能をしっかり引き継いでいます。
無邪気で自然な演技で、ウィルに絡んでいます。

だんだん生活に貧窮していく親子が、未来を信じて明るく生きていくストーリーは、シーンの所々で涙を少しは誘いますが、僕にはいまいち入り込めませんでした。感動度が低いんです。子供がキャプテンアメリカを落としてしまったところと、トイレの中での嗚咽のシーンには、グッときましたが、やっぱり今ひとつです。
そしてちょっと消化不良気味で迎えた最後で、ウィルが採用の結果を受けるシーンで、彼の演技に、どっと涙が出てきました。ほんとに急にどっとです。
最後の恋のはじめ方」で、最後の彼女のアパートに行って、部屋の前での告白シーンで泣きながら笑わされた記憶がありますが、今回も普通のジワジワくる感動とは違い、驚かされました。

最後に邦題の「幸せのちから」は、悪くはないのですが、本来の意味とは逆に受身になっていると思います。
主人公は、自分の可能性を信じて、幸せを信じて、子供の為に追い求めて努力したのです。
だからPursuitなんです。これは「独立宣言」からの引用なんですよね。
本来は、自分から求めることによってつかめる「幸せ」と言う意味が、邦題だと「幸せ」にめぐり合えたとか、「幸せ」を与えられたという、受身的に感じてしまうのは、僕だけかな。


Happyness
週末に子供を連れて医療器のセールスを続ける


Happyness
子供を食べさせるのがやっとの生活


お気に入り度 ★★★

トリビア
本当のChris Gardnerが、最後にウィルと子供を追い越していく男性としてカメオ出演している。

本当のホームレスがエキストラとして使われた。時給はサンフランシスコの最低保障賃金の$8.62.


Happyness
これが精一杯の遠出旅行

Happyness
この頃がどん底


監督
ガブリエレ・ムッチーノ 

キャスト
ウィル・スミスジェイデン・クリストファー・サイア・スミスタンディ・ニュートン 

情報サイト

オフィシャルサイト (英語)
オフィシャルサイト (日本語) 
IMDb
みんなのシネマレビュー
映画の森てんこ森
ヤフージャパン
Allcinema
Yahoo Movie
Movie Web
Rotten Tomatoes

 人気blogランキングへ 

 にほんブログ村 映画ブログ 

 管理人のホームページ Welcome to Arizona 

スポンサーサイト

この記事に対するコメント
こんにちは!
こんにちは!
TBありがとうございました^^・

あの男性は、クリス本人だったのですか?!
知りませんでした。あのショットが妙に不自然だと思ったのですが、なるほど。。。
ウイルの演技は良かったですね。
『最後の恋~』が未見なので、是非観てみたいです♪
【2007/01/29 16:27】 URL | 由香 #25z4tCOE [ 編集]

本物!
本物のホームレスだったんですかぁ^
ちょっと驚きです。
なんだか1人がジョン・マルコビッチに見えてしまったんでうけど、
錯覚ですよね・・・(汗)
【2007/01/29 17:00】 URL | kossy #YaTS71PM [ 編集]


こんにちは!、TBありがとうございました。
最後のシーン、クリス本人が出ていたなんて知らなかった(^^♪。
ウィル親子共演、自然な演技でよかったです。
特に、クリスが車と衝突し靴の片方をなくしても、病院へは行かずに「仕事中」だと言ってオフィスに戻ろうとする、クリスの執念には脱帽です。
【2007/01/29 17:31】 URL | パピのママ #- [ 編集]

こんにちは。
TBありがとうございました。
>最後に邦題の「幸せのちから」は、悪くはないのですが、
>本来の意味とは逆に受身になっていると思います。主人公は、
>自分の可能性を信じて、幸せを信じて、子供の為に追い求めて努力したのです。
>本来は、自分から求めることによってつかめる「幸せ」と言う意味が、
>邦題だと「幸せ」にめぐり合えたとか、「幸せ」を与えられたという、受身的に感じてしまうのは、僕だけかな。


いろいろ読ませて頂いて参考になりました。
 邦題の「幸せの力」って言うのは漠然としてるなって感じてました。
 こちらで「邦題は受身的」と言うのを読んで納得です。
 コレコレ!この感じ!ってスッキリしました。e-278
【2007/01/29 20:10】 URL | ミスト (CinemaChips) #ghyQKWog [ 編集]

TBありがとうございました
こんばんは♪
邦題のセンスがいまひとつだなと思っていたのですが、納得です!
「幸せの追求」という言葉が出てきて、クリスの走る姿からも幸せは求めて得るものという事を感じたので、どうも邦題にはピンとこなかったんです。
【2007/01/30 07:13】 URL | ミチ #0eCMEFRs [ 編集]

本物
かめさんこんばんわ♪TB有難うございました♪

あっ、本物のクリス・ガードナーって最後のシーンでウィルの横通り過ぎたあの黒人さんですよね?
雑誌で一度彼の姿見まして、自分も一瞬『ん?』と思いましたけど、ホント一瞬だったんで確証持てなかったんですよね~(``;)ウィルが最後に目で彼を追ってたから、あれがサインみたいなもんだったんでしょうかね?

確定トリビア有難うございました♪
【2007/01/30 07:58】 URL | メビウス #mQop/nM. [ 編集]

「幸せのちから」とは
TBありがとうございます。

「最後の恋のはじめ方」は私もお気に入り。今回のも過去の作品を想起させるくらい、ウィル・スミスのキャラクターが際立っていて、魅せてくれました。

>邦題だと「幸せ」にめぐり合えたとか、「幸せ」を与えられたという、受身

私もそう思いました。
作中、主人公は結果努力をして証券会社に採用されますが、息子だけでなく、パートナーへの愛を思えば、自分勝手な気がしないでもなかった。
息子を不幸にはさせたくないという思い・信念が機動力ですから邦題は息子からもらうパワーって解釈になるのではとも思いました。

「幸せのちから」って何?と疑問に思いこの映画を観たので、鑑賞後は微妙でした。
【2007/01/30 18:28】 URL | たまさん #- [ 編集]


由香さん、
『最後の恋~』、とてもいいですよ。初めてですよ、映画観て泣きながら笑ったのって。

kossyさん、
どうりでみんな迫真の演技をしているはずですね。

パピのママさん、
ウィルの子供の今後注目ですね。ただ、子役で人気が出ると、だいたい大成しないんですよね。

ミストさん、
そうですよ。クリスは自分で追いかけて幸せをつかんだんです。彼の努力と力なんです。

ミチさん、
「幸せの追求」だと、ちょっと堅苦しくなるんで、配給会社も、もっと頭使って気の利いた邦ないように会う様な題をつけたらいいと思うのですが。

メビウスさん、
僕も後から知って「あれっ?」って思いました。

たまさんさん、
それは思いつきませんでした。そうですね確かに彼を駆り立てたのが「ちから」ですね。
でも、それと原題にある「Happyness」を一緒に題名にしたので、しっくり来ないのかもしれませんね。

皆さん、コメントありがとうございます。とてもいい励みになります。

【2007/01/31 11:05】 URL | かめ #B5bH0cjo [ 編集]

こんばんは☆
「最後の恋のはじめ方」は私も大好きでウィル・スミスのいい意味で
転機になった役柄だと思いました。
なんとなくアクション系が多かったからね。
またこれでいい父親も出来る事が分かって
演技の幅が広がりましたよね。
【2007/02/01 10:23】 URL | ALICE #- [ 編集]


こんにちは(^_^)
この映画を見て感動しました。
途中でストーリーの流れがうまくつかめないところがあったものの、
「幸せ」について考えるきっかけになりました。
ルービック・キューブや電話番号の暗記など、
ちょっとしたことから幸運を引き込んでいったところも、
実話というのが信じられないほど素晴らしいストーリーでした。
【2007/02/02 23:28】 URL | 晃弘 #C5nMfmj. [ 編集]


ALICEさん、
MiBの、ただただ走っていただけの彼が、ここまで演技の幅を広げて、今後がますます楽しみですね。

晃弘さん、
ルービック・キューブ、懐かしいですね。
僕は、1面しか出来ませんでした。
【2007/02/21 05:16】 URL | かめ #B5bH0cjo [ 編集]


この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://usagikame.blog10.fc2.com/tb.php/65-bf9e9b13
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

幸せのちから

父親としての不甲斐無さを感じ地下鉄のトイレの中で涙を流すシーンはウイル・スミスのアクションスター脱却への第1歩を感じさせる名場面。しかしながら主人公に感情移入できずに涙がこぼれなかった…。意外。 八ちゃんの日常空間【2007/01/30 06:31】

映画~幸せのちから

 「幸せのちから」公式サイトキャッチコピーからも分かるように"ザ・感動系"映画ですが、、、これがすっごく良かった!おススメの1本です全財産21ドルから立ち上がった、父子の、実話に基づいた感動作-。骨密度を測る新型医療機器のセールスマンとして生計を きららのきらきら生活【2007/01/30 06:44】

感想/幸せのちから(試写)

ウィル・スミスが実子と共演したことでも話題の『幸せのちから』1月27日公開。妻にあいそをつかされ、アパートを追い出され、人生のドアマットに成り下がってもなお愛息クリストファーだけは守り抜いた男の実話ベース感動サクセスストーリー。フツーにいい話です。ソニー・ APRIL FOOLS【2007/01/30 08:17】

幸せのちから

超セレブの父子が、全財産21ドルの父子を演じるのか。。。普段エイリアンやロボットと闘っているウイル・スミスが貧乏と闘うなんて想像もできないけれど、オスカーの主演男優賞にノミネートされているという事はレオ君のライバルだし。。 チェック~【story】サンフランシ ★YUKAの気ままな有閑日記★【2007/01/30 08:23】

幸せのちから

 君がいるから。君と生きていきたいから。 悠雅的生活【2007/01/30 08:57】

幸せのちから

骨密度測定器があの値段だったら安いぞ・・・probably ネタバレ映画館【2007/01/30 08:59】

「幸せのちから」 The pursuit of Happyness 

無一文のホームレスから株式仲介人になり、やがて独立起業して億万長者になった男の実話を描いた映画というと、いかにもアメリカンドリーム! サクセスストーリー! といった感じで、しかも舞台は80年代、何をいまさらという気がしないでもなかったのだけど、これが思って 俺の明日はどっちだ【2007/01/30 09:13】

幸せのちから

「暖かいベットも、パンを買うお金も、ママもなくしたあの日。」幼かった僕と父は、まだ見ぬ“幸せ”を求めて走り出した。悲劇は突然やってきた。81年、サンフランシスコで医療機器のセールスをしていた僕の父。努力家で知能指数が高いうえに、誰からも好かれる性格で、家. パピ子と一緒にケ・セ・ラ・セラ【2007/01/30 09:32】

『幸せのちから』

(原題:the PURSUIT of HAPPYNESS)----これって実話ニャんだよね。ウィル・スミスが実の息子と共演しているんだって?「そう。彼の名前がまた長いんだ。ジェイデン・クリストファー・サイア・スミス。ね、舌を噛みそうでしょ」----どう?似ていた?……。「どちらかと言う ラムの大通り【2007/01/30 10:12】

幸せのちから

夢を支えるのは身近な存在! Akira's VOICE【2007/01/30 11:18】

「幸せのちから」観ました。

「幸せのちから」を観ました。この映画は1980年代のサンフランシスコでホームレス状態から億万長者となり、アメリカンドリームを実現させた実在の人物、クリス・ガードナーと言う人のエピソードを基に描いた作品です。もちろん映画的にドラマチックに脚色がされていて、 Cinema Chips ブログ版【2007/01/30 11:38】

幸せのちから The pursuit of Happyness

ウィル・スミス主演サンフランシスコのクリス・ガードナーは妻と5歳の息子と三人で家賃の高いアパートで暮らしていますが それを払えない状態です何故かと言えば全財産をつぎ込み大量に買った医療用スキャナーを毎日多くの時間をかけセールスで病院を回ってもなかなか売れ travelyuu とらべるゆう MOVIE【2007/01/30 12:09】

幸せのちから / The pursuit of Happyness

"全米が泣いた実話に早くもアカデミー賞が動き始めた!"なぁんて謳っちゃって、またぁ。って感じなのですが。。。泣かせようというわざとらしい感動作だったら嫌だなーと全く期待せず観て来た{/hikari_blue/}{/hikari_blue/}地味~なタイトルが、あんまり「観たい 我想一個人映画美的女人blog【2007/01/30 12:16】

幸せのちから<試写会>

観てきました。<東京厚生年金会館>監督:ガブリエレ・ムッチーノ 脚本:スティーヴン・コンラッド サンフランシスコで高額な医療機器のセールスマンをしているクリス。折からの不況で思うように機械が売れず、妻と息子との生活は困窮を極めていた。このままではいけな お萌えば遠くに来たもんだ!【2007/01/30 21:17】

「幸せのちから」

 先週、試写会で観てきました。 「幸せのちから」  全財産21ドルから立ち上がった父子の、実話に基づいた感動作。 …チラシの宣伝コピーですが、本編もそのままズバリそうです。 予告編そのまんまともいいますけども…。  しんのすけの イッツマイライフ【2007/01/30 21:19】

幸せのちから

《幸せのちから》 2006年 アメリカ映画 - 原題 - THE PURSUI Diarydiary!【2007/01/30 22:12】

映画「幸せのちから」

映画館にて「幸せのちから」ホームレスから億万長者となった実在の人物、クリス・ガードナーの実話に基づく映画。実話に基づく・・・ということは、最初から答えはわかっているし、途中の苦難も報われる日が来ると思って見ているので、どんなにお涙頂戴のサクセスストーリー ミチの雑記帳【2007/01/30 23:09】

映画『幸せのちから』

この映画はホームレスまで余儀なくされた当時1歳の息子を持つクリス・ガードナーとい たまさんのHR/HM シネマカフェ【2007/01/30 23:53】

幸せのちから(評価:○)

【監督】ガブリエレ・ムッチーノ【出演】ウィル・スミス/ジェイデン・クリストファー・サイア・スミス/タンディ・ニュートン/ブライアン・ホウ/ジェームズ・カレン【公開日】2007/1.27【製作】アメリカ【 シネマをぶった斬りっ!!【2007/01/30 23:54】

「幸せのちから」

「幸せのちから」東京厚生年金会館で鑑賞今朝も早起きだったので少々寝不足、ハートウォーミングなサクセスストーリーと聞いていたのでいけると思ったけど、主演はウィル・スミスだし。でもやっぱり睡魔が襲ってきたのは事実。舟は漕いだかもしれないけれどところどころ見逃 てんびんthe LIFE【2007/01/31 00:24】

幸せのちから

【映画的カリスマ指数】★★★★☆  幸せは待たずに走って掴み取れ!  カリスマ映画論【2007/02/01 01:28】

幸せのちから

   1981年、サンフランシスコ。     全財産21ドルから立ち上がったクリス・ガードナーの実話.。どうやら彼は初めから貧乏だったわけではなさそうだ。売れると踏んで大量に買った医療機器が売れない。大量の在庫と駐車違反の罰金を抱え、家賃 ★しゃべりば ★【2007/02/01 11:02】

映画『幸せのちから』

この映画はホームレスまで余儀なくされた当時1歳の息子を持つクリス・ガードナーとい たまさんのHR/HM シネマカフェ【2007/02/01 20:15】

息子に食われたウィル・スミス【幸せのちから】

所持金たった21ドルのホームレスから億万長者になり、アメリカン・ドリームを実現さ 犬も歩けばBohにあたる!【2007/02/02 00:36】

幸せのちから

2006/アメリカ監督:ガブリエル・ムッチーノ出演:ウィル・スミス(クリス・ガードナー)   タンディ・ニュートン(リンダ)   ジェイデン・クリストファー・サイア・スミス(クリストファー)   ブライアン・ハウ(ジェイ・トゥイッスル)   ダン・カステラネ Lovely Cinema【2007/02/03 23:38】

「幸せのちから」★★★★☆

'06年製作、主演ウィル・スミス、ジェイデン・クリストファー・サイア・スミス、タンディ・ニュートン、ブライアン・ハウ他 医療機器のセールスマン、クリス・ガードナーの生活は苦しい。妻と共に毎日働いているが、借金は膨らむばかりだ。自分のふがいなさにイラ... JoJo気分で映画三昧!+α【2007/11/11 15:45】

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。