プロフィール

かめ

  • Author:かめ
  • アリゾナから撮りたての映画を紹介します。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する


アリゾナ映画ログ - 砂漠から...
アリゾナから撮りたての作品を紹介しています。
ランキングに参加してます。

にほんブログ村 映画ブログへ 人気blogランキングへ

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Deja Vu (デジャヴ) ちょっとネタバレあり

2006年12月01日鑑賞
Deja Vu


Tagline:  If you thought it was just a trick of the mind, prepare yourself for the truth.

ストーリー
乗客543名死亡。ニューオリンズの凄惨なフェリー爆発現場で発見された、ひとりの美しい女性の死体。
捜査官ダグが彼女を見た瞬間、「私は、彼女を知っている。」「私は彼女を救える」という奇妙な感覚に襲われた。初めて出会った人間に感じる、奇妙な親近感。初めて訪れた場所に感じる懐かしさ。誰もが経験したことのある、あの不思議な感覚=デジャヴ。
だが、その「デジャヴ」が錯覚ではなく、“過去からの警告”だとしたら?全ての答えは「デジャヴ」の中に隠されている。...
 (作品資料より)


Deja Vu
インサイドマンの坊主頭から、髪もはえていつものデンゼル・ワシントン

Deja Vu
彼女は最初に死体として登場するが


管理人が選ぶ勝手な関連商品
   


ランキングに参加してます。
 

感想 ちょっとネタバレあり

デンゼル・ワシントン主演の作品でタイトルが「デジャヴ」?
なんとなく彼の2004年の主演作の「クライシス・オブ・アメリカ」を思い浮かべました。
あの作品の
様な心理サスペンス色の濃いストーリー、と勝手な先入観いっぱいで観に行きました。
出だしは思惑通りで、500人以上を乗せたフェリーの大爆発とその事件に関係ありそうな女性の遺体、遺体の女性がどこか気にかかる捜査官のダグ。
「これって思ったとおりのサスペンスだ」と、観ていると、突然の???。
えっ、何?
そっちに行っちゃうの?
どうして?
もしかして、
これって、SF作品?
と、大きく予想を覆す大胆なストーリーでした。

良くも悪くもデンゼル・ワシントン1人を前面に出し、1番彼らしい演技をさせた直球勝負の演出でした。
大股歩きで颯爽と「俺がデンゼル・ワシントンだ!」とオーラを出しながら登場してからは、もう彼の1人舞台に近い。
あまりひねらなかったデンゼル・ワシントンとは、反対にストーリーは、ひねりにひねって想像外の展開。
それを楽しむか、失望するかに意見が分かれると思います。
中盤のストーリーの暴走には、正直がっかりでしたが、裏切った分を後半の軽い謎解きとテンポあるストーリーとアクションで楽しませてくれたので、まあまあ満足です。

脇で頑張っていたのは、きれてる犯人役のジム・カヴィーゼルでした。
自分は初めて観た役者さんですが、あの「パッション」でのキリスト役の人だと知って驚きです。
今回は壊れたテロ男を不気味に演じていました。


Deja Vu
この人は前作ではキリストだったんですよ。

Deja Vu

もうトップガンのアイスマンの面影はありません。


お気に入り度 ★★★

トリビア
撮影期間中に、デンゼル・ワシントンの子供がプロフットボールチームにドラフト指名された。


Deja Vu
やっと再会(?)出来た

Deja Vu
デジャブの正体?


監督
トニー・スコット

キャスト
デンゼル・ワシントンポーラ・パットンヴァル・キルマージム・カヴィーゼルアダム・ゴールドバーグエルデン・ヘンソン  

情報サイト

オフィシャルサイト (英語)
オフィシャルサイト (日本語) 
IMDb
みんなのシネマレビュー
映画の森てんこ森
ヤフージャパン
Allcinema
Yahoo Movie
Movie Web
Rotten Tomatoes

 人気blogランキングへ 

 にほんブログ村 映画ブログ 

 管理人のホームページ Welcome to Arizona 

スポンサーサイト

この記事に対するコメント

こんにちは。

ぼくはウィル・スミスの
『エネミー・オブ・アメリカ』を思い出しながら観ていました。
共通キーワードは「監視」。
なんて、この程度はしゃべっても大丈夫ですよね。
【2007/01/13 18:40】 URL | えい #yO3oTUJs [ 編集]


えいさん、
『エネミー・オブ・アメリカ』って、自分は観ていないのですが、インターネットであらすじとキャストを観ました。
豪華な配役とスリリングなストーリーですね。DVDで観たくなりました。
【2007/01/14 10:52】 URL | かめ #B5bH0cjo [ 編集]


この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://usagikame.blog10.fc2.com/tb.php/63-19a71ace
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

『デジャヴ』

(原題:Deja Vu)----「デジャヴ」って、「あれっ?これ、なんか前にも見たことある…」っていう、あの感覚だよね?そのものズバリのタイトルだけど、監督がトニー・スコット。どういうアプローチなんだろう?「ぼくもそれが気になっていたところ。なにせ製作が、あのジェリ ラムの大通り【2007/01/14 10:41】

デジャヴ

2007年春に公開予定の最新作をご紹介します。                  シンタローの映画パラダイス♪【2007/01/14 11:54】

『デジャヴ』

『パイレーツ・オブ・カリビアン』シリーズなど大ヒット作を世に送り出したハリウッドのヒットメイカー、ジェリー・ブラッカイマー製作のサスペンス巨編で、主演はデンゼル・ワシントン。激しいアクションと練りに練られたストーリーで観る者をぐいぐいと引っ張っていく(.. моя комната ~まやこむなた~【2007/01/15 22:07】

デジャヴ

《デジャヴ》 2006年 アメリカ映画 - 原題 - DEJA VU 多数の犠 Diarydiary!【2007/03/17 23:30】

『 デジャヴ 』

『 デジャヴ / DEJA VU 』を観た。とにかく、デンゼル・ワシントン演じるダグのキレモノぶりがカッコイイ!爆破事故後の彼の冷静な行動もすごい。現場検証もひとり地道に、だけど確実に、事件の証拠や手掛かりを集めて理論的に状況を突き詰めていく。女性の死体の連絡を受け My Style【2007/04/04 08:54】

『デジャヴ』

監督:トニー・スコット CAST:デンゼル・ワシントン、ポーラ・パットン 他STORY:2006年2月28日。海軍の水兵とその家族を乗せたフェリーが爆破し多くの犠牲者が出た。その事件の捜査に向かったAFTのダグ(デンゼル・ワシントン)は、美しい女性、クレア(ポーラ・パット Sweet* Days【2007/04/04 09:01】

デジャヴ

ものすっごい手間暇かけたナンパ Akira's VOICE【2007/04/04 10:37】

『デジャヴ』

デジャヴ、そして「もし過去に戻れたら」という想い。誰もが感じた事のある、本能と繋がる不思議な感覚を、SFとアクションとサスペンスで紡ぎ上げ、ラブストーリーで味付けした、頭がグルグル系の後を引く映画、『デジャヴ』。 デジャヴ 文庫本。原作本を読んだら、映画 試写会帰りに【2007/04/04 11:05】

デジャヴ

友達が、「つまらなかった~」と言ったので一瞬ひるんだが、デンゼル・ワシントンは好きだし、やっぱり自分で観てみなくちゃ~ね【story】543名もの犠牲者を出した凄惨なフェリー爆破事件。捜査官ダグ(デンゼル・ワシントン)は、手がかりを握る一人の女性の遺体を見た瞬間 ★YUKAの気ままな有閑日記★【2007/04/17 13:23】

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。