プロフィール

かめ

  • Author:かめ
  • アリゾナから撮りたての映画を紹介します。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する


アリゾナ映画ログ - 砂漠から...
アリゾナから撮りたての作品を紹介しています。
ランキングに参加してます。

にほんブログ村 映画ブログへ 人気blogランキングへ

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Little Miss Sunshine (リトル・ミス・サンシャイン)

2006年9月15日鑑賞
Little Miss Sunshine


Tagline: Where's Olive?

ストーリー
7歳のオリーブ(アビゲイル・ブレスリン)がカリフォルニアで開催される美少女コンテスト "リトル・ミス・サンシャイン" に招かれたため、フランク(スティーブ・キャレル)、シェリル(トニ・コレット)、リチャード(グレッグ・キニア)らフーバー一家はオンボロのフォルクスワーゲンに乗って、アルバカーキから西海岸を目指すことに... (
Junglecity.comより)


Little Miss Sunshine
疲れた母親と、天真爛漫なオリバー

Little Miss Sunshine
最近、とても露出度の高いグレッグ・キニア。 日本では公開作は少ないようだが、「ふたりにクギづけ」、「The Matador」、「Invincible」は、管理人お勧め作品。


管理人が選ぶ勝手な関連商品
   


ランキングに参加してます。
 

感想

内容も分からず、大して観たいとも思わなかったが、ちょうど映画館に着く時間と上映時間が合ったので、観てしまった作品。
コメディーコメディーなのだが、なんだか妙な余韻を残す作品だった。
アメリカの病んだ部分を、6人の家族にデフォルメさせたちょっと重たいテーマが入ったコメディーだった。

物語は、壊れた家族のロードコメディー
ニューメキシコ州のアルバカーキーに住むちょっと小太りの1人の少女(オリーブ)が、カリフォルニアの「美人コンテスト」の決勝戦に招待される事から物語が始まる。

少女の家族が変人ばかりで、壊れかけている。
父は、成功するための9ステップのプログラムを教え、大きなカリキュラムにするためのスポンサーを探しているが、全く見込みはなく。
本人は、人生の勝ち組を気取っているが...
兄は、自閉症で、もう何ヶ月も口を訊かず、会話は全て筆談。
母親の兄は、優秀な学者だがゲイの恋人に振られて自殺未遂を起こしたばかり。
おじいちゃんは、コカイン中毒。

この壊れた家族がオリーブの為に、これまた壊れかけたフォルクス・ワーゲンのバンに乗って、カリフォルニアのレドンドビーチに向かい、2000キロ近い旅を始める。

最初は、家族を唯一つなぎ止めていたのはオリーブの存在だけだった。
が、旅の途中の数々の出来事を通して、絆を深めていく。
そして、とにかくオリーブをコンテンストに出す為に、なりふり構わない行動をする。
この時、オリーブが唯一の家族の誇りだったのだと思う。
おじいさん直伝のあんなダンスをコンテストで披露するのを知っていながら。

最近、露出度の高いグレッグ・キニアが上昇志向丸出しの典型的アメリカ人の父親を上手く演じ、「
40歳の童貞男」で日本でも多少顔の売れたスティーヴ・カレルのグレッグ・キニアへの絡みもいい。
ただ彼も、「
サタデー・ナイト・ライブ」 出身なので、日本では受けないだろうな。


Little Miss Sunshine
40歳の童貞男」でも結構危ない役柄だったが、今回もマニアックな役柄のスティーヴ・カレル。 管理人の一番のお勧めは「ブルース・オールマイティ」のニュースアンカー役。


Little Miss Sunshine
家族の中では一番のタフガイでコカイン中毒のおじいちゃん


お気に入り度 ★★☆

トリビア
金銭上の理由で、この映画は5年間かかって作られた。

当初、スティーヴ・カレルの演じるフランク役は、
Bill Murray (ビル・マーレイ)が配役されていた。

日本のオフィシャルサイトでは、この家族はアリゾナに住むとなっているがニューメキシコ州のアルバカーキーの間違い。


Little Miss Sunshine
一見してアブナイ、Tシャツも怖い、筆談男

Little Miss Sunshine
これがフォクスワーゲンのオンボロバン


監督
Jonathan Dayton (ジョナサン・デイトン)、Valerie Faris (ヴァレリー・ファリス

キャスト
Greg Kinnear (グレッグ・キニア)、Steve Carell (スティーヴ・カレル)、Paul Dano (ポール・ダノ)、Toni Collette (トニ・コレット)、Alan Arkin (アラン・アーキン

情報サイト

オフィシャルサイト (英語)
オフィシャルサイト (日本語) 
IMDb
みんなのシネマレビュー
映画の森てんこ森
ヤフージャパン
Allcinema
Yahoo Movie
Movie Web

 
人気blogランキングへ 

 
にほんブログ村 映画ブログ 

 管理人のホームページ
Welcome to Arizona 

スポンサーサイト

この記事に対するコメント
TBありがとうございました
オーリーヴの存在にほっとした映画でもありました。
彼女のおかげであの家族は少しだけよくなっていたかなって。
ビル・マーレが演じる予定だったんですか。
ん~今では何だかイメージ湧かないですね。
どのキャラクターも変ででも見ている間に好きになってしまうよう魅力的な人たちばかりでした。
【2006/11/02 01:28】 URL | ななな #7qDEbzaw [ 編集]


かめさん、こんにちは!

楽しい作品でした!
今年一年、ありがとうございました!
またらいねんもよろしくおねががいしますね☆
【2006/12/25 18:57】 URL | mig #Dd174Wxo [ 編集]


なななさん、
アメリカでは、オリーブ役の子は、今後注目の子役と話題になっているようです。
これからが楽しみですね。

migさん、
こちらこそ、来年もよろしくお願いします。
来年こそは、もう少し、頻度よく更新するように心がけます。
よいお年をお迎え下さい。
【2006/12/30 12:35】 URL | かめ #B5bH0cjo [ 編集]

コメントありがとうございました。
アラン・アーキン全盛の頃?に彼の映画を良く観ていたので、すでに「おじいちゃん」」になっているのは半分ショックでしたが、役はかなり良かったです。それからやっぱりポール・ダノのアブナイ息子は最高です。日本では限定公開?拡大にならない理由が知りたいものです。
【2006/12/30 15:28】 URL | yanks #mQop/nM. [ 編集]


おはようございます☆
TB&コメントありがとうごじました~

今年の締め映画がこの作品で良かったです!
幸せ気分で2006年の映画鑑賞を終えることができました。
来年も宜しくお願いします
では、良いお年を・・
【2006/12/30 18:14】 URL | NAO #eDUJLn3Y [ 編集]


こんにちは!
コメントありがとうございました。
フランク役・・・ビル・マーレイが予定されていたんですか!
スティーヴ・カレルでよかったと思います。
ラストのオリーヴのダンスシーンは近年まれに見る名シーンでした。
声出して笑いながら気づくと涙まで流している自分にビックリでした。(笑)
【2006/12/30 21:16】 URL | sabunori #JalddpaA [ 編集]


こんにちわ
コメント$TBありがとうございました。
確かにアメリカの病理を凝縮したような家族ですが、
ラストはそんなことをまったく感じさせない。
脚本と演出の力だと思いますね。
【2006/12/30 22:18】 URL | moviepad #JalddpaA [ 編集]

こんにちは☆
コメント&TBありがとうございました~。

そっか、、、この家族はアメリカの病んだ部分だったか、、、
私にはとってもホッとするようなコメディーでした♪
年末にステキな作品に出会えてよかったです!

来年もよろしくお願いします☆
【2006/12/30 23:01】 URL | きらら #- [ 編集]


yanksさん、
やっぱり俳優、監督で知名度がないとダメなのでしょうね。芸術と言うより金儲けですから。

NAOさん、
ありがとうございます。2007年もよろしく。

sabunoriさん、
そうですね、自分も笑いながら泣いたのは、ウィル・スミスのHitch以来です。

moviepadさん、
アメリカのポジティブさが、今のアメリカの救いなのだと思います。
日本人より他人と比べません。自分が幸せかどうかは、自分が基準なんです。

きららさん、
観ている時はあまり気にならなかったのですが、あらためて思うとこの家族の問題点は、日ごろニュースで流れているのと、共通点が多いです。
【2007/01/05 20:06】 URL | かめ #B5bH0cjo [ 編集]

アルバカーキ
TBさせていただきました。皆さんのブログが、「アリゾナに住む」で始まるもので、「アルバカーキ」と書いた私として、ちょっと心配になっていたところでした。アリゾナさんが言われるのだから、もう安心です。アメリカの距離感覚は日本では、理解できないですよね。
【2007/01/11 20:28】 URL | 京野菜 #- [ 編集]

そうです、アルバカーキーです。
京野菜さん、
そうなんですね。皆さん勘違いをされています。
でも、その理由は配給側のせいです。
何しろオフィシャルページでも、「アリゾナ」と言っているのですから。
英語のオフィシャルページでは、住んでる所は明記されていないみたいです。
でも、作品内では言っているのですが。
自分はアリゾナに住んでいて、よくレドンドビーチの近くまでドライブするのですが、大体550キロで6時間ほどかかります。
アルバカーキーだとその倍以上の距離なので、途中1泊してしているんですね。
この辺の距離感はわからないですよね。
【2007/01/14 11:13】 URL | かめ #B5bH0cjo [ 編集]

この距離感も
プルースト研究者の弟が、ガソリンスタンドで偶然、元カレと出会うとこや、
宿泊地の近くに、お父さんを騙したセミナー主催者がいたという距離感も広大なアメリカにしては・・・という思いでした。
これは、やっぱり脚本の都合なんでしょうかね~。。。
【2007/01/15 03:39】 URL | aq99 #- [ 編集]


この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://usagikame.blog10.fc2.com/tb.php/49-d616cd50
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

勝ち組?負け組? 「リトル・ミス・サンシャイン」

評価:85点 平気の平左【2006/10/31 10:30】

リトル・ミス・サンシャイン~東京国際映画祭にて

夢と希望を乗せて、黄色いバスは行く・・・{/car_pink/}~~~監督:ジョナサン・デイトン&ヴァレリー・ファリスプロデューサー:デイヴィッド・T. フレンドリー        マーク・タートルトーブ/ピーター・サラフ   脚本:マイケル・アーント   音楽:マイ シャーロットの涙【2006/10/31 17:04】

リトル・ミス・サンシャイン ~東京国際映画祭~

コンペティション作品すでに知っている方もいると思うのであらすじは省き!こういう映画すんごく好き!!大好き!!すごく楽しくって心地よい映画でした。見ていて思わずくすりと笑ってしまって自然と見ているうちに笑顔になってしまうんですね。バラバラの家族をつなぎ合わ 映画を観たよ【2006/11/02 17:24】

リトル・ミス・サンシャイン(2006米)--TIFFコンペ作品

(10月28日@Bunkamuraオーチャードホール) アメリカでの高い評価を耳にしていたので(あらすじを読まない女でも知らないうちに入ってくる情報もあるんです)、密かにこの映画祭中、一番期待していた作品。 9歳の娘を美少女コンテストに出場させるためアリゾナからカリフォ WAKOの日常【2006/11/05 07:59】

『リトル・ミス・サンシャイン』

(原題:LITTLE MISS SUNSHINE)----この映画って、東京国際映画祭で三冠を受賞したんだよね。監督が夫婦ってことでも話題になっていなかった?「そう。その最優秀監督賞に加えて最優秀主演女優賞、そして観客賞。もっともすでにサンダンス映画祭で上映され、配給権をめぐる ラムの大通り【2006/12/09 10:40】

『リトル・ミス・サンシャイン』

ヤバイです。これは凄く面白い! yanksのツボにピッタリとハマりました。ホント、最後は大爆笑で涙がとまりませんでしたから...。 映像と音は言葉にできないけれど【2006/12/31 07:23】

【リトル・ミス・サンシャイン】

 ・・夢と希望を乗せて、黄色いバスは行く・・{/hiyob_uru/}個々に色々な問題を抱えた家族の再生を見せるハートフルなロードムービー。一言で・・『とにかく良かった{/ee_3/}{/ee_3/}{/good/}』ロードムービーは退屈になりがちだけど、今作はコミカルな部分と、家族達が抱 NAO-C☆シネマ日記【2006/12/31 10:12】

『リトル・ミス・サンシャイン』

ついにこの最強のインディペンデント映画、『リトル・ミス・サンシャイン』が日本にや セガール気分で逢いましょう【2006/12/31 13:15】

リトル・ミス・サンシャイン

黄色いフォルクスワーゲンワゴンがプヒ~ッと壊れたクラクションを鳴らしながら走る走る・・・目指すはカリフォルニア「リトル・ミス・サンシャイン」コンテスト会場。すごい一家だ。ポンポコリンのお腹に大きな眼鏡のオリーヴ(アビゲイル・ブレスリン)は地区大会の繰上げ 龍眼日記 Longan Diary【2006/12/31 13:17】

リトル・ミス・サンシャイン

リトル・ミス・サンシャイン(2006 アメリカ) 原題   LITTLE MISS SUNSHINE       監督   ジョナサン・デイトン                  ヴァレリー・ファリス    脚本   マイケル・アーント      撮影   ティム・サーステッド   映画のメモ帳+α【2006/12/31 14:20】

映画~リトル・ミス・サンシャイン

 「リトル・ミス・サンシャイン」公式サイトすっごく期待していました!本年度、東京国際映画祭「最優秀監督賞」「最優秀主演女優賞」「観客賞」受賞作品小太りの眼鏡っ子、オリーヴ(アビゲイル・ブレスリン)の夢は美少女コンテストで優勝すること。地方予選で繰り上げ優 きららのきらきら生活【2006/12/31 14:55】

感想/リトル・ミス・サンシャイン(試写)

おーもーしーろーーーい! デス。ダメ一家の珍道中ムービー『リトル・ミス・サンシャイン』12月23日公開。成功論者で著書出版をもくろむ父ちゃん、ニーチェ狂で沈黙する兄ちゃん、ヤク吸引系エロじーちゃん、ゲイ&鬱の叔父ちゃん、それらをまとめる母、で、ミスコン優勝を APRIL FOOLS【2006/12/31 15:44】

リトル・ミス・サンシャイン

期待値: 97%  東京国際映画祭コンペティション部門をはじめ、多数の作品賞受賞作品。 あるアメリカ 週末映画!【2007/01/01 23:51】

リトル・ミス・サンシャイン

ただゆるゆるしたロードムービーかと思ったら、これまた大好きな絶妙な力の抜け加減!!勝ち組と負け組って何だろうね。 映画/DVD/感想レビュー 色即是空日記+α【2007/01/11 15:45】

リトル・ミス・サンシャイン

Little Miss Sunshine 公開中なので、控えめに♪ アリゾナ州に住むフーヴァー家の末っ子オリーヴ(アビゲイル・ブレスリン)が、6~7歳を対象としたミスコンの地元予選で繰り上げ優勝となった。 もろもろの事情により一家総出でおんぼろミニバスを駆り、オリーヴを「リト I am invincible !【2007/01/15 05:42】

リトル*ミス*サンシャイン 勝ち・負けなんて、関係ない!

←クリックしてね涙と笑いと感動の物語大晦日に観た『リトル・ミス・サンシャイン』、2006年を締めくくるには素晴らしい映画でした。バラバラ状態のフーヴァ一家が、おんぼろのフォルクスワーゲンミニバスで旅をしながら、最後には心一つに・・・・なっていくというファ 銅版画制作の日々【2007/01/15 07:28】

『リトル・ミス・サンシャイン』

CAST:グレッグ・キニア、トニー・コレット 他ゴールデン・グローブ作品賞、主演女優賞 他ノミネートSTORY:小太りで眼鏡をかけたオリーヴの夢はミスコンで優勝すること。そんな彼女は地方予選で繰り上げ優勝し、決勝大会に出場することに。そして、家族総出で古いバ Sweet* Days【2007/01/15 08:55】

リトル・ミス・サンシャイン/グレッグ・キニア、トニ・コレット

今年の東京国際映画祭の時にも観たいなぁと思ってたんだけど既に一般公開が決まってたので結局スルーしたわけなんですが、面白そうだなと思ってたら東京国際映画祭でも好評だったようで最優秀監督賞、最優秀主演女優賞、観客賞を受賞しちゃいましたよ。今年のコンペ部門は全 カノンな日々【2007/01/15 10:34】

ジョナサン・デイトン&ヴァレリー・ファリス監督「リトル・ミス・サンシャイン」

監督 ジョナサン・デイトン&ヴァレリー・ファリス 出演 グレッグ・キニア、スティーヴ・カレル、トニ・コレット この映画は「押す」映画である。押し切っていく。映画である。 「リトル・ミス・サンシャイン」コンテストをめざす少女(末っ子)を乗せて黄色いバスがア 詩はどこにあるか(谷内修三の読書日記)【2007/01/15 11:58】

誰もが何処か病んでるけれども。『リトル・ミス・サンシャイン』

美少女コンテスト会場へ着くまでの、個性的な家族の様子を描いたロードムービーです。 水曜日のシネマ日記【2007/01/15 12:32】

リトル・ミス・サンシャイン

冴えない家族が織りなすとってもハートフルなお話でした。笑えてちょっぴり泣けて心があったかくなりますよ~。 B級パラダイス【2007/01/15 20:00】

リトル・ミス・サンシャイン

この映画を昨年のベスト10に入れられている方が多くて、これは観ないと!と年明け映画1本目に選びました。あっ正確にはお正月に「カジノロワイヤル」2回目見たので2本目。みなさんの評判もなるほど!のダメダメな家族を描いた可愛らししいロードムービー... It's a Wonderful Life【2007/01/16 13:54】

リトル・ミス・サンシャイン

【映画的カリスマ指数】★★★★★ オンボロバスにキラリと光る僕らを乗せて  カリスマ映画論【2007/01/17 03:17】

リトル・ミス・サンシャイン:「勝ち負け」より大切なものを見せてくれる痛快作

★監督:ジョナサン・デイトン&ヴァレリー・ファリス(2006年 アメリカ作品) 京都シネマにて鑑賞。... 犬儒学派的牧歌【2007/01/17 10:49】

『リトル*ミス*サンシャイン』/ Little Miss Sunshine

それぞれの登場シーン。もう始めから笑ってしまいました。 テレビのミスコン受賞シーンのVTRを見ながら表情を練習しているのが ミスコンとはあきらかに違う世界に住んでる普通の女の子オリーヴ。 (しかもぽっちゃり幼児体型/アビゲイル・ブレスリンは子供用の ファット・ CouchCinema*カウチシネマ / b【2007/01/17 12:30】

『リトル・ミス・サンシャイン』~幸福の黄色いミニバス~

『リトル・ミス・サンシャイン』公式サイト監督:ジョナサン・デイトン ヴァレリー・ファリス出演:グレッグ・キニア トニ・コレット スティーヴ・カレルほか 【あらすじ】(goo映画より)アリゾナに住む小太りなメガネ少女・オリーヴの夢は、ビューティー・ク... Swing des Spoutniks【2007/01/21 19:38】

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。