プロフィール

かめ

  • Author:かめ
  • アリゾナから撮りたての映画を紹介します。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する


アリゾナ映画ログ - 砂漠から...
アリゾナから撮りたての作品を紹介しています。
ランキングに参加してます。

にほんブログ村 映画ブログへ 人気blogランキングへ

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

The Pink Panther (ピンクパンサー)

2006年3月4日鑑賞

ピンクパンサーポスター


Tagline: Get a clue!

ストーリー
世界的に有名なサッカー監督イヴ・グルアンは、フランス代表チームを勝利に導いた。
熱狂的なファンと美しい恋人に囲まれていた時、そのグルアンが世界的に有名なポップ・スター、ザニアの脇で毒の塗られたダートを刺されてしまう。そのパニックの中で、グルアンの所有する高価なダイヤモンドの指輪「ピンクパンサー」が、謎のように消えた。
事件の解決を任されたのはドレイフェス警視だった。彼は権威あるメダル・オブ・オナーに7回も輝いており、ミスは許されなかった。たとえミスするようなことがあっても、その責任がドレイフェス警視本人に及ぶようなことはあってはならなかった。
そこでドレイフェスは、不屈のクルーゾー警部を事件に当たらせることにした... (作品資料より)


ピンクパンサー3  
舞台はフランス、ニューヨーク

ピンクパンサー2
秘書の二コール。 この地球儀も大事な笑いの小道具


クリックお願いします
 

感想

あの名作コメディーの「ピンクパンサー」のリメイク。
ちなみに1963年第1作目の邦題は「ピンクの豹」だったそうだ。
Peter Sellers (ピーター・セラーズ)以外は考えられない、あのクルーゾー警部をスティーヴ・マーティンが、どう演じるかが心配だったが、見事にスティーヴ・マーティンのクルーゾーを作り上げていた。
今までは、あの泣きそうな表情で押してくる彼の濃い演技があまり好きではなかったのだが、この作品ではその名人芸をたっぷりと楽しませてくれた。
目張りを入れて、目を小さく見せ、口ひげを引き立たせ、大げさなフランス語なまりの英語で登場した時は、このクルーゾーを1時間半見せられるのは辛いかなと思ったが、すぐ慣れた。

この作品の特徴のドタバタシーンも健在で笑わしてくれた。
I Would Like To Buy A Hamburger」であれほど笑わせるとは。

脇を固める俳優人も好演で、特にジャン・レノは、ポジション的には、オリジナル作のCato (Katoではないようだ) に近いが、一つのシーンを除き、渋さを前面に出した役だった。



ピンクパンサー5
まあ、作品のお飾り的なビヨンセ

ピンクパンサー7
何故、ジャン・レノは、この役を引き受けたか?と思わせるシーン


お気に入り度 ★★★

トリビア
Kevin Spacey (ケヴィン・スペイシー) と Mike Myers (マイク・マイヤーズ)、Chris Tucker (クリス・タッカー) もクルーゾー警部の候補にあがっていた。

Jackie Chan (ジャッキー・チェン)は、助手のCato(又はKato)役に検討されていた。



ピンクパンサー1
手に花瓶。お決まりのギャグ 

ピンクパンサー6
事件の真相は?

ピンクパンサー4
一件落着。でももう一事件あり


監督
Shawn Levy (ショーン・レヴィ

キャスト
Steve Martin (スティーヴ・マーティン)、Kevin Kline (ケヴィン・クライン)、Beyoncé Knowles (ビヨンセ・ノウルズ)、Jean Reno (ジャン・レノ)、Emily Mortimer (エミリー・モーティマー

情報サイト
オフィシャルサイト (英語)
オフィシャルサイト (日本語) 
IMDb
みんなのシネマレビュー
映画の森てんこ森
ヤフージャパン
Allcinema
Yahoo Movie
Movie Web

 人気blogランキングへ 

 にほんブログ村 映画ブログ 

 管理人のホームページ Welcome to Arizona 

スポンサーサイト

この記事に対するコメント
こんばんわ。
こんばんわー。お邪魔します。

そうそう、あのコスチュームとダンスを
見て、ジャン・レノはよくOKしたもんだ、と
驚きましたよ。
ハンバーガーの発音のシーンも笑えましたねー。

TBさせていただきますね。
ではまたお邪魔します。
【2006/05/11 06:44】 URL | minori #- [ 編集]

好みがはっきりと分かれそうな作品でした
こんにちは。
こちらの方にもコメントとトラックバックを失礼致します。

かなり脂っこい笑いが充満しているこの映画の仕上がりは、僕の好きなタイプではありませんが、ジルベール・ポントン役を演じたジャン・レノさんの存在感は好きでした。

また遊びに来させて頂きます。
ではまた。
【2006/05/14 18:07】 URL | たろ #/Qo2uXNc [ 編集]

こんばんわ
TBありがとうございます。
序盤からいきなりエンジン全開でとばしてくれたので、
こちらの笑いが温まるまで時間がかかっちゃいました(汗
【2006/05/20 10:51】 URL | PINOKIO #- [ 編集]

ありがとうございます (管理人)
>minori さん
そうです、あのコスチュームにハンバーガー、こちらでも大うけのシーンでした。

>たろ さん
アメリカでは、この手のギトギト油っぽい路線で、異常に人気の高いコメディアンが結構いるんですよ。
ウィル・フェレルとかジム・キャリーなんて、その代表格です。

>PINOKIO さん
そうですね、もう警部が登場しただけで、くすくす笑い声がありましたから。
【2006/06/05 20:29】 URL | かめ #B5bH0cjo [ 編集]


この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://usagikame.blog10.fc2.com/tb.php/16-faa14e41
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

『ピンクパンサー』

----ありゃりゃ、この映画もリメイクされたんだ。「うん。ただこれはずっとシリーズ化されていたし、主役を変えて新作を作ったと考えた方がいいかもしれない。もちろんブレイク・エドワーズは監督していないし、デヴィッド・ニーヴンも出ていないけどね」----あれ?主演って ラムの大通り【2006/04/03 10:02】

『ピンク・パンサー』

リメイク・・というか新作・・というべきか。とにかく、オリジナルは1963年、ブレイク・エドワーズ監督の同名映画。ヘンリー・マンシー二のテーマ音楽とピンクの豹のキャラクターで、映画を観ていない人にもお馴染みである。刑事モノとコメディをかけあわせたこの物語の中.. моя комната (私の部屋)【2006/04/04 01:11】

ピンクパンサー/PINK PANTHER

{/onpu/}タラッタラ,タラ,タラッ,タラッタラタラタラ~たららら{/onpu/}誰でもこの音楽(分かる??ワケない?)とキャラクターは知ってるはず☆ピンクパンサーが初めて映画化されたのは1963年{/atten/}ピーターセラーズ演じた、間抜けな警部役が人気を博してシリーズ化され 我想一個人映画美的女人blog【2006/04/04 10:13】

試写会鑑賞 TOHOシネマズ錦糸町にて ~ ショーン・レヴィ 「 ピンクパンサー 」

こんにちは。午前中に少し雷が鳴りましたが、その後は良く晴れた金曜日です。今日は、昨日 一足先に、新しい劇場であるTOHOシネマズ錦糸町にて行なわれた試写会で観させて頂いた、ショーン・レヴィ氏の手掛けたリメイク映画について。『 ピンクパンサー (THE PIN ** Paradise Garage **【2006/05/15 10:06】

ピンクパンサー

 数字があと一歩のところで昇格する“006”。ジェームズ・ボンド役に選ばれなかったからって、そこまでギャグにするとは・・・クライブ・オーウェン(笑) ネタバレ映画館【2006/05/20 07:33】

ピンクパンサー

たらったらん、たらん、たらったらったらったらったらぁ~ん ちゃらららららん♪このテーマ曲、これ聴くとピンクパンサーよりもドリフを思い出す世代の私です(爆というわけで、オリジナルは知りません(笑  楽しそうだと思ったんだけど、笑いのツボがズレていて... 色即是空日記+α【2006/05/21 02:49】

「ピンクパンサー」 大画面に栄えるスティーブ・マーティン

劇場未公開の帝王スティーブ・マーティンの、超~久々劇場公開作品。なんせデビュー作「天国から落ちた男」が、全米での興行成績がその年の「スター・ウォーズ帝国の逆襲」「クレイマークレイマー」に次ぐ第3位の大ヒット作でありながら、アメリカン・コメディのため、全く 『パパ、だ~いスキ』と言われたパパの映画日記【2006/05/21 21:51】

ピンクパンサー

                                                 【映画的カリスマ指数】★★★★☆   万人向け最強おバカ映画!!   カリスマ映画論【2006/05/22 15:01】

ピンクパンサー

★本日の金言豆★ピンクパンサー(あのピンク色のヒョウのキャラクター)の誕生日は、1964年4月11日。(米で映画「ピンクの豹」が初公開された日。)2006年5月13日公開 2005年に40歳 金言豆のブログ ・・・映画、本、イベント情報等【2006/05/30 15:22】

『ピンク・パンサー』

消えた世界一のダイヤの謎を追え! ■監督 ショーン・レヴィ■脚本 スティーブ・マーティン■キャスト  スティーブ・マーティン、ケヴィン・クライン、ジャン・レノ、ビヨンセ・ノウルズ、エミリー・モーティマー、ヘンリー・ツェーニー□オフィシャルサイト  京の昼寝~♪【2006/06/16 08:33】

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。