プロフィール

かめ

  • Author:かめ
  • アリゾナから撮りたての映画を紹介します。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する


アリゾナ映画ログ - 砂漠から...
アリゾナから撮りたての作品を紹介しています。
ランキングに参加してます。

にほんブログ村 映画ブログへ 人気blogランキングへ

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Saw IV (ソウ4) 

この日記には、ソウ4のちょっとしたネタばれと作り物ですが残酷写真が含まれています。


2007年10月26日鑑賞
Saw4


ストーリー
ジグソウの死後、彼の遺体の中から蝋で固められた異質物が摘出される。それは、ホフマン刑事へ宛てた死のゲーム継続のメッセージテープだった。
ジグソウにはまだ協力者がいると推察したホフマン、SWAT、FBIは、ただちに捜査を始めることに。
そんな中、SWATの隊長リッグは自宅で何者かに襲われ、やがて目覚めるとバスルームに横たわっていた。
そしてTVモニターには、どこかで囚われの身になっているホフマンと失踪中のエリック刑事の姿が映し出され、彼らを救うためのゲームに強制参加させられてしまう。
制限時間は90分。こうしてリッグは、ジグソウと同じ手口でゲームを仕組む何者かに翻弄されていく...
 (Allcinemaより)


登場人物
Saw4
ソウシリーズでいきなり有名俳優になったトビン・ベル
1942年生まれなので、62歳での快挙(?)もアメリカならでは。
それまでも悪役専門のようなので、長年の努力が実ったのでしょう。

今回もたっぷりと痛い仕掛けを用意した。
前作3よりもビジュアルな痛さはかなり減っているが、1つ1つの拷問は想像しただけで十分に痛い。
過去に悪さをした人たちが次々とジグソウの罠にかけられる。
リッグ刑事の、同僚を助けようとする行動が、どんどん罠にかかった人達を不幸に陥れる。 助けようとした同僚のエリック刑事さえも。

1作目から続いている時間と空間のトリックで観客を混乱させます。
そしてやはり1作目からの手法で、犯人は必ず、被害者の1番近くに(ネタばれ反転)ます。

このシリーズ、もう1作は出てきます。


Saw4
目立たなかったが、ソウ2からSWATの隊長として、出演しているリリク・ベント(リッグ刑事)が今回の残酷ショーの案内人。
惨殺された同僚ケリーの復讐と、行方不明のエリック刑事の生存を信じて事件を追っていくうちに、ジグソウの罠にはまる。
いつもと同様に、この人もジグソウの事を素直に聞かないために、いろいろな人に災難を振りまく。
特に、SWATの部隊を率いて突入した序盤のシーンで、誰かに忠告された事をよく記憶しておくように。


Saw4
今回初登場のストラム捜査官を演じる、スコット・パターソン
一瞬、何で昔のシルベスター・スターローンが出てきたのかと勘違いする。
この人も、無名の役者さんで、役者になる前は8年間も、ニューヨーク・ヤンキース等のマイナーリーグで野球をしていたそうです。



Saw4
ジグソウのプロファイルした刑事の唯一の生き残っているホフマン刑事を演じたコスタス・マンディロア
この人が、ジグソウの死体の中にあったカセットテープから今回の事件が始まる...が...


Saw4
ジグソウの別れた妻を演じたベッツィ・ラッセル
なぜジグソウが、猟奇殺人者になったのか、その謎を一番知る人物。
幸せな生活をおくった時期もあったのに。
それにしてもこの女優さんは、普段の顔と作品の顔が全然違います。


Saw4
この人は、前作で亡くなった筈なのに、またちょっと出てきます。なんでか?



ランキングに参加してます。
 


特選シーン (ちょっとネタばれあり)
Saw4
確かに首を切断されて解剖を待つジグソウ。
どうやって今回の事件をプロデュースするのか?


Saw4
1人は目、1人は口を縫い付けられ、機械に繋がれたまま目を覚ます。
機械はだんだんと首に繋がれた鎖を巻き込んでいく。
鎖を外す鍵は相手の首の後ろに。
会話が出来ない2人が鍵の奪い合いを始める...


Saw4
隊長として冷静でなければいけないのだが、ちょっと勇み足のリッグ


Saw4
やっぱりシルベスター・スターローンだよ。


Saw4
ジグソウの最初の仕掛け
。 この男が狂気のジグソウと作った元凶。


Saw4
被害者として、3作に連続出演のドニー・ウォールバーグ(左の立っている人)は、毎回足を痛めつけられてかわいそう。
今回は壮絶な死が... 
誰かが忠告を聞かなかった為に。 
せっかく助けに行ったのに。

右に座っている人は?


お気に入り度   

トリビア
当初、ドニー・ウォールバーグのスケジュールが合わずオリジナルの脚本には、彼のキャラクターは入っていなかった。
撮影を始めると、彼のスケジュールが急に空いたために、急遽エリック刑事がまた登場するものに書き換えられた。



 人気blogランキングへ 

 にほんブログ村 映画ブログ 

 管理人のホームページ Welcome to Arizona 

スポンサーサイト

The Bourne Ultimatum (ボーン・アルティメイタム)

2007年8月31日鑑賞
ボーン・アルティメイタム



ストーリー
CIAの極秘計画“トレッドストーン”によって過去の記憶を消され、究極の暗殺者にされたジェイソン・ボーン
彼はその過去の断片を辿りながら、全てを明らかにしようと奔走していた。そんなある日、イギリスの大手新聞ガーディアンにボーンの記事が載る。
その担当記者ロスが、CIAの内部告発に基づいて、トレッドストーンをアップデートした“ブラックブライアー”という計画に関する取材を進めていたのだった。
ロンドン支局からその情報を聞いたニューヨークのCIA対テロ極秘調査局長ヴォーゼンは、ただちに現地要員へロスの監視と尾行を指示。
また同じ頃、この新聞を目にしたボーンもロンドンへ飛び、監視を巧みにかわしながらロスと接触するのだが...
 (Allcinemaより)


登場人物
ボーン・アルティメイタム
シリーズ3作ですっかりジェイソン・ボーンになったマット・デイモン
今回の最終作で、失った過去の記憶を全て取り戻し、元のデイヴィッド・ウェッブ(ネタばれ反転)に戻ります。
今作でも、手持ちカメラで臨場感あふれる(ちょっと見にくい)アクションシーンを見せてくれます。
もう猿顔なんて言わせません。


ボーン・アルティメイタム
オーメン」で観た時は、個性的な(面白い)顔だけが印象的だったジュリア・スタイルズ
結構、演技派かもしれません。


ボーン・アルティメイタム
前作から登場のジョーン・アレン。 冷たい女を演じたらぴか一です。


ボーン・アルティメイタム
シリーズ初登場のデヴィッド・ストラザーン
エリートCIA局長ですが、いつの間にかボーンに振り回されます。



ランキングに参加してます。
 


特選シーン (ちょっとネタばれあり)
ボーン・アルティメイタム
前作「ボーン・スプレマシー 
」の回想シーンあり (次の2つのスチールに続く)

ボーン・アルティメイタム
狙撃され河に逃げ込む


ボーン・アルティメイタム
恋人との別れ


ボーン・アルティメイタム
モロッコの小さな路地を駆け回るアクションシーンがいっぱい。
手カメラで追いかけるカメラマンが大変だったろう。


ボーン・アルティメイタム
ここが自分の過去をなくしたニューヨーク


ボーン・アルティメイタム
今回は、2人の暗殺者に狙われます。


ボーン・アルティメイタム
戦闘マシーンのボーンが毎回楽しませて(?)くれる戦闘シーン。 何でも武器にします。


ボーン・アルティメイタム
命がけの近道


ボーン・アルティメイタム
変装?


ボーン・アルティメイタム
今回も車が落ちます


ボーン・アルティメイタム
この笑みの後で、おお焦りする局長さま


ボーン・アルティメイタム
とうとう、自分を失った過去に戻ってきたボーン



お気に入り度   

トリビア
ワーテルロー駅での撮影では、撮影の為に駅を封鎖することが出来なかったため、普通の通行人がいる所で撮影された。 その為、カメラを指差す通行人が映っている。


 人気blogランキングへ 

 にほんブログ村 映画ブログ 

 管理人のホームページ Welcome to Arizona 




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。