プロフィール

かめ

  • Author:かめ
  • アリゾナから撮りたての映画を紹介します。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する


アリゾナ映画ログ - 砂漠から...
アリゾナから撮りたての作品を紹介しています。
ランキングに参加してます。

にほんブログ村 映画ブログへ 人気blogランキングへ

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Letters From Iwo Jima (硫黄島からの手紙)

2007年1月27日鑑賞
Iwo


Tagline:  N/A

ストーリー
戦況が悪化の一途をたどる1944年6月、日本軍の最重要拠点である硫黄島に新たな指揮官、栗林忠道中将が降り立つ。
アメリカ留学の経験を持つ栗林は、無意味な精神論が幅を利かせていた軍の体質を改め、合理的な体制を整えていく。
上官の理不尽な体罰に苦しめられ絶望を感じていた西郷も、栗林の登場にかすかな希望を抱き始める。栗林の進歩的な言動に古参将校たちが反発を強める一方、ロサンゼルス・オリンピック馬術競技金メダリストの“バロン西”こと西竹一中佐のような理解者も増えていった。
そんな中、圧倒的な戦力のアメリカ軍を迎え撃つため、栗林は島中を張り巡らせた地下要塞の構築を進めていく...
 (Allcinemaより)


Iwo
押しも押されもしない立派なハリウッドスターです。

Iwo
とっても好演、時々爆笑問題の太田さんになっていましたが。

Iwo
渋い

Iwo
自分の優しさと弱さと懸命に戦っていた清水

Iwo
この人の演技は、ちょっとマンネリ化してきてるような。


管理人が選ぶ勝手な関連商品
   


ランキングに参加してます。
 

感想

やっとアリゾナにこの作品が来ました。
2007年1月26日に上映開始されたので、日本から遅れる事約2ヶ月、それも1館でしか上映していない。
もう日本では、この作品は語り尽くされていると思いますので、今日はちょっと違う形でこの作品に触れてみます。

僕はアメリカでこの作品を観たので、当然観客は大半がアメリカ人。
観たのは土曜日の午後3時で、普段だとそんなに混む時間帯ではありません。
それにアメリカ人の苦手な、ほとんど字幕だらけの作品なので、アカデミー賞候補に上がっているとは言え、かなり空いているだろうと高をくくっていました。

が、10分前に劇場に入っていると、なんとほぼ満杯です。
空いているのは前列の4-5列のちょっと観にくい席ばかり。
結局、上映が開始される頃には、空いていたのは最初の2列だけでした。
これだけでも結構驚きです。

上映が開始されると、思った以上に字幕ばかり。これは完全に日本映画でした。
このちょっと日本贔屓気味の、字幕で細かい会話のニュアンスが伝わり辛い作品で、しかも2時間以上の長さでは、観客が飽きてきて落ち着かなくなるでは、と心配していました。
ところが、最初から最後までシーンとしています。
本当に、物音1つ、咳払い1つ聞こえません。
完全に作品に没頭しています。
日本では当然なのですが、アメリカでは作品や観客によって、結構落ち着かない雰囲気の事が多いのでビックリしました。

そして物語が終わり、エンドクレジットが出はじめると、これまたすごい事にかなりの人が座ったまま余韻に浸っています。
席を立った人も、かなりゆっくりと歩きながらエンドクレジットを見つめていて、ほとんど話をしていません。
これは、アメリカでは、まず見ない状況です。
普通は、終わったらさっさと席を立って、ガヤガヤ感想などを話しながら出て行ってしまいます。
アメリカでも、しっかりと受け入れられ、感動を与えているようです。

最後に作品自体にちょっとだけ触れてみます。
この作品がアメリカ人の手によって、ここまで日本を忠実に、そして淡々と語られたのは、奇跡に近いと思います。しかも作品として、とても完成度が高く、観る者を惹きつける。

侍だ、武士だ、腹切りだ、とただのステレオタイプの日本人以外を描ける人がハリウッドにいると言う事だけでも貴重なのに、それがまたクリント・イーストウッドというのがもっと凄いです。
ただ、彼がこの次に監督するのが南京大虐殺のストーリーかもしれないと聞こえてくるのがちょっと気にかかりますが。

僕は、全く知りませんでしたが、二宮和也の自然な演技がとてもよかったですし、伊原剛志の颯爽とした姿も、多くの観客に焼きついたと思います。
何とかこの作品に出演した俳優の中から、第2、第3の渡辺謙さんが出てきてくれることを期待します。


Iwo
御大です。

Iwo
この人はあまり演技に注文をつけないと聞いています。

Iwo
そのまま作品に出て下さい。


お気に入り度 ★★★

トリビア
父親達の星条旗」との2部作だが、キャストは1人も重複していない。お互いのキャストの撮影を通しての面識もない。

作品の中の栗林中将の手紙は実際の物と同じ内容

栗林中将は実際には切腹をしている。そして彼の遺体は見つかっていない。


以下の写真は実際のものです。
Iwo
実際の栗林中将

Iwo
すり鉢山

Iwo
海岸上陸

Iwo
日本人の洞窟を爆弾を投下後の黒煙

Iwo
戦車からの火炎攻撃

Iwo
日本軍の砲台


監督
クリント・イーストウッド

キャスト
渡辺謙二宮和也伊原剛志加瀬亮中村獅童松崎悠希 

情報サイト

オフィシャルサイト (英語)
オフィシャルサイト (日本語) 
IMDb
みんなのシネマレビュー
映画の森てんこ森
ヤフージャパン
Allcinema
Yahoo Movie
Movie Web
Rotten Tomatoes

 人気blogランキングへ 

 にほんブログ村 映画ブログ 

 管理人のホームページ Welcome to Arizona 

スポンサーサイト

The Pursuit of Happyness (幸せのちから)

2006年12月31日鑑賞
Happyness


Tagline:  N/A

ストーリー
1981年、サンフランシスコ。クリス・ガードナーは高級医療機器のセールスマン。
5歳になる息子クリストファーは彼にとって何より大切な存在。
実の父を知らずに育ったクリスは、愛する我が子には決して同じ思いをさせまいと心に誓っていた。
しかし折からの不況で仕事は思うようにいかず、家賃の支払いもままならない。ついには愛想を尽かした妻に去られ、家賃滞納で自宅からも立ち退きを命じられてしまう。
息子と安モーテルに引っ越したクリスは、一流証券会社の研修生となり、半年後にたった一人だけ採用となる正社員への道に最後の望みを託す。
だが、その半年間は無給。やがてモーテルにも泊まれなくなった父子は、ついに過酷なホームレス生活を余儀なくされるのだったが...
 (Allcinemaより)


Happyness
普通のおじさんを演じているウィル・スミス

Happyness
クラッシュ」でも好演したタンディ・ニュートン


管理人が選ぶ勝手な関連商品


   


ランキングに参加してます。
 

感想

2006年最後に観た作品です。
ウィル・スミスがまたいい演技を見せてくれました。
最後の恋のはじめ方」が彼の代表作の1つになったと思いましたが、この作品も間違いなく彼の代表作だと思います。
それと後から知ったのですが、子供役のジェイデン・スミスって、彼の実の子供じゃないですか。ウィルの才能をしっかり引き継いでいます。
無邪気で自然な演技で、ウィルに絡んでいます。

だんだん生活に貧窮していく親子が、未来を信じて明るく生きていくストーリーは、シーンの所々で涙を少しは誘いますが、僕にはいまいち入り込めませんでした。感動度が低いんです。子供がキャプテンアメリカを落としてしまったところと、トイレの中での嗚咽のシーンには、グッときましたが、やっぱり今ひとつです。
そしてちょっと消化不良気味で迎えた最後で、ウィルが採用の結果を受けるシーンで、彼の演技に、どっと涙が出てきました。ほんとに急にどっとです。
最後の恋のはじめ方」で、最後の彼女のアパートに行って、部屋の前での告白シーンで泣きながら笑わされた記憶がありますが、今回も普通のジワジワくる感動とは違い、驚かされました。

最後に邦題の「幸せのちから」は、悪くはないのですが、本来の意味とは逆に受身になっていると思います。
主人公は、自分の可能性を信じて、幸せを信じて、子供の為に追い求めて努力したのです。
だからPursuitなんです。これは「独立宣言」からの引用なんですよね。
本来は、自分から求めることによってつかめる「幸せ」と言う意味が、邦題だと「幸せ」にめぐり合えたとか、「幸せ」を与えられたという、受身的に感じてしまうのは、僕だけかな。


Happyness
週末に子供を連れて医療器のセールスを続ける


Happyness
子供を食べさせるのがやっとの生活


お気に入り度 ★★★

トリビア
本当のChris Gardnerが、最後にウィルと子供を追い越していく男性としてカメオ出演している。

本当のホームレスがエキストラとして使われた。時給はサンフランシスコの最低保障賃金の$8.62.


Happyness
これが精一杯の遠出旅行

Happyness
この頃がどん底


監督
ガブリエレ・ムッチーノ 

キャスト
ウィル・スミスジェイデン・クリストファー・サイア・スミスタンディ・ニュートン 

情報サイト

オフィシャルサイト (英語)
オフィシャルサイト (日本語) 
IMDb
みんなのシネマレビュー
映画の森てんこ森
ヤフージャパン
Allcinema
Yahoo Movie
Movie Web
Rotten Tomatoes

 人気blogランキングへ 

 にほんブログ村 映画ブログ 

 管理人のホームページ Welcome to Arizona 


79回 アカデミー賞 予想

アメリカ時間の昨夜、1月23日にアカデミー賞のノミネート作品が発表されました。

主だった賞の、下記のように予想をしてみました。
管理人の偏見と希望的観測に基づいた大胆予想です。 
(自己満足なので、無視して下さい。)


作品賞[Best Picture]
『Babel/バベル』
『The Departed/ディパーテッド』
『Letters from Iwo Jima/硫黄島からの手紙』
『Little Miss Sunshine/リトル・ミス・サンシャイン』
『The Queen/クイーン』

予想: 『Letters from Iwo Jima/硫黄島からの手紙』
コメント: この作品は、アリゾナでまだ公開されていないので、管理人の偏見と希望だけによる、いたって勝手な選考。 管理人が実際に観た作品では、「The Departed」


主演男優賞[Actor in a leading role]
レオナルド・ディカプリオ 『Blood Diamond/ブラッド・ダイヤモンド』
ライアン・ゴズリング 『Half-Nelson』
ピーター・オトゥール 『Venus』
ウィル・スミス 『The Pursuit of Happyness/幸せのちから』
フォレスト・ウィテカー 
『The Last King of Scotland/ザ・ラスト・キング・オブ・スコットランド』

予想: レオナルド・ディカプリオ
コメント: あまり好きではないが、今回はかなり頑張ったので、過去何度も逃した念願の賞をあげたい。 それにしても、何で「Blood Diamond」でのノミネートなの。 まだ、管理人は観てないです。(今週末に観る予定)


主演女優賞[Actress in a leading role]
ペネロペ・クルス 『Volver/ボルベール』
ジュディ・デンチ 『Notes on a Scandal』
ヘレン・ミレン 『The Queen/クイーン』
メリル・ストリープ 『The Devil Wears Prada/プラダを着た悪魔』
ケイト・ウィンスレット 『Little Children/リトル・チルドレン』

予想: メリル・ストリープ
コメント: なんと全ての作品を観てないので、やけくそでの選考。 メリル・ストリープに3度目のオスカーをあげたいというだけの理由。


助演男優賞[Actor in a supporting role]
アラン・アーキン 『Little Miss Sunshine/リトル・ミス・サンシャイン』
ジャッキー・アール・ヘイリー 『Little Children/リトル・チルドレン』
ジャイモン・ハンスゥ 『Blood Diamond/ブラッド・ダイヤモンド』
エディ・マーフィ 『Dreamgirls/ドリームガールズ』
マーク・ウォルバーグ 『The Departed/ディパーテッド』

予想: アラン・アーキン
コメント: 心情的にはマーク・ウォルバーグにあげたいけれど。 彼にしては作品内での存在が薄すぎた。 「リトル・ミス・サンシャイン」が、必ず賞にからんで来ると思われるので、こういう選考にしてみました。


助演女優賞[Actress in a supporting role]
アドリアナ・バラッザ 『Babel/バベル』
ケイト・ブランシェット 『Notes on a Scandal』
アビゲイル・ブレスリン 『Little Miss Sunshine/リトル・ミス・サンシャイン』
ジェニファー・ハドソン 『Dreamgirls/ドリームガールズ』
菊地凛子 『Babel/バベル』

予想: 菊地凛子
コメント: 消去法で、アビゲイル・ブレスリンは、あの作品の中では、共演した俳優が良すぎて、あまり際立ってはいなかった、同じ「バベル」なら、アドリアナ・バラッザよりは、菊地凛子だと思いました。
観ていないので、なんとも言えませんが、ジェニファー・ハドソンが対抗のような気がします。
アメリカ人は、あの手の作品が好きなので。


監督賞[Directing]
アレハンドロ・ゴンザレス・イニャリトゥ 『Babel/バベル』
マーティン・スコセッシ 『The Departed/ディパーテッド』
クリント・イーストウッド 『Letters from Iwo Jima/硫黄島からの手紙』
スティーブン・フリアーズ 『The Queen/クイーン』
ポール・グリーングラス 『United 93/ユナイテッド93』

予想: クリント・イーストウッド
コメント: とても難しいが、やっぱりハリウッドでのクリント・イーストウッドの人気と、画期的な同じ出来事を2部構成にして、その両方とも完成度が高いという理由から。
対抗にマーティン・スコセッシ。


長編アニメ賞[Animated Feature Film]
『Cars/カーズ』
『Happy Feet/ハッピーフィート』
『Monster House/モンスター・ハウス』

予想: 『Cars/カーズ』
コメント: 「ハッピー・フィート」も捨てがたいが、物語的に「カーズ」の方が、心にうったえた。


おまけ
脚色賞[Adapted Screenplay]
『Borat/ボラット』
『Children of Men』
『The Departed/ディパーテッド』
『Little Children/リトル・チルドレン』
『Notes on a Scandal』

予想: 『Borat/ボラット』
コメント: このおバカ作品にオスカーをあげたい。


さて、いくつ当たるか。


Deja Vu (デジャヴ) ちょっとネタバレあり

2006年12月01日鑑賞
Deja Vu


Tagline:  If you thought it was just a trick of the mind, prepare yourself for the truth.

ストーリー
乗客543名死亡。ニューオリンズの凄惨なフェリー爆発現場で発見された、ひとりの美しい女性の死体。
捜査官ダグが彼女を見た瞬間、「私は、彼女を知っている。」「私は彼女を救える」という奇妙な感覚に襲われた。初めて出会った人間に感じる、奇妙な親近感。初めて訪れた場所に感じる懐かしさ。誰もが経験したことのある、あの不思議な感覚=デジャヴ。
だが、その「デジャヴ」が錯覚ではなく、“過去からの警告”だとしたら?全ての答えは「デジャヴ」の中に隠されている。...
 (作品資料より)


Deja Vu
インサイドマンの坊主頭から、髪もはえていつものデンゼル・ワシントン

Deja Vu
彼女は最初に死体として登場するが


管理人が選ぶ勝手な関連商品
   


ランキングに参加してます。
 

感想 ちょっとネタバレあり

デンゼル・ワシントン主演の作品でタイトルが「デジャヴ」?
なんとなく彼の2004年の主演作の「クライシス・オブ・アメリカ」を思い浮かべました。
あの作品の
様な心理サスペンス色の濃いストーリー、と勝手な先入観いっぱいで観に行きました。
出だしは思惑通りで、500人以上を乗せたフェリーの大爆発とその事件に関係ありそうな女性の遺体、遺体の女性がどこか気にかかる捜査官のダグ。
「これって思ったとおりのサスペンスだ」と、観ていると、突然の???。
えっ、何?
そっちに行っちゃうの?
どうして?
もしかして、
これって、SF作品?
と、大きく予想を覆す大胆なストーリーでした。

良くも悪くもデンゼル・ワシントン1人を前面に出し、1番彼らしい演技をさせた直球勝負の演出でした。
大股歩きで颯爽と「俺がデンゼル・ワシントンだ!」とオーラを出しながら登場してからは、もう彼の1人舞台に近い。
あまりひねらなかったデンゼル・ワシントンとは、反対にストーリーは、ひねりにひねって想像外の展開。
それを楽しむか、失望するかに意見が分かれると思います。
中盤のストーリーの暴走には、正直がっかりでしたが、裏切った分を後半の軽い謎解きとテンポあるストーリーとアクションで楽しませてくれたので、まあまあ満足です。

脇で頑張っていたのは、きれてる犯人役のジム・カヴィーゼルでした。
自分は初めて観た役者さんですが、あの「パッション」でのキリスト役の人だと知って驚きです。
今回は壊れたテロ男を不気味に演じていました。


Deja Vu
この人は前作ではキリストだったんですよ。

Deja Vu

もうトップガンのアイスマンの面影はありません。


お気に入り度 ★★★

トリビア
撮影期間中に、デンゼル・ワシントンの子供がプロフットボールチームにドラフト指名された。


Deja Vu
やっと再会(?)出来た

Deja Vu
デジャブの正体?


監督
トニー・スコット

キャスト
デンゼル・ワシントンポーラ・パットンヴァル・キルマージム・カヴィーゼルアダム・ゴールドバーグエルデン・ヘンソン  

情報サイト

オフィシャルサイト (英語)
オフィシャルサイト (日本語) 
IMDb
みんなのシネマレビュー
映画の森てんこ森
ヤフージャパン
Allcinema
Yahoo Movie
Movie Web
Rotten Tomatoes

 人気blogランキングへ 

 にほんブログ村 映画ブログ 

 管理人のホームページ Welcome to Arizona 


Casino Royale (カジノ・ロワイヤル)

2006年11月26日鑑賞
007


Tagline: NA 

ストーリー
殺しのライセンス“00(ダブル・オー)”を取得するため、昇格最後の条件である2件の殺害を実行したジェームズ・ボンドは見事ダブル・オーの称号を得る。
そして最初の任務は、世界中のテロリストを資金面で支える男、ル・シッフルの資金を絶つこと。まずはマダガスカルで爆弾所有の男を追い、バハマ、マイアミでは武器売人と航空機爆破の阻止に奔走し、やがてル・シッフルに辿り着くボンド。
すると、ル・シッフルがモンテネグロの“カジノ・ロワイヤル”で大勝負に出ることが明らかとなり、ボンドは更なる陰謀を阻止せんと現地へ向かうのだった。
しかし、そんな彼のもとには、財務省からお目付役として美女ヴェスパー・リンドが送り込まれる。最初は彼女に対して懐疑的だったボンドだが、危険を共にする中で次第に心惹かれていく...
 (Allcinemaより)


007
ニューボンドは、タフガイ

007
血の涙を流す悪役


管理人が選ぶ勝手な関連商品
   


ランキングに参加してます。
 

感想

いい意味で、最近のジェームス・ボンドの殻を破った作品です。
ジェームス・ボンドと言うと、やはりショーン・コネリーのタフでスマートなボンドと、ロジャー・ムーアのユニークでスマートなボンドの前では、  ティモシー・ダルトンはもちろんの事、ピアース・ブロスナンもちょっと太刀打ち出来なかったから。
それならと、思いっきり違うジェームス・ボンドのタイプを作り、それに上手くマッチするストーリーを持って来るところは、プロデューサーの手腕かな。

それにしてもこのボンド君は、荒削りです。
序盤のテロリストを追いかけるシーンでは、テロリストより走り方も、障害物のよけ方もラフだし、途中いろいろな物を壊している。
高いクレーンから下に下りていく(落ちていく)追跡シーンもドスン、ドスンと音が聞こえて、観ているこっちが背中やあばらが痛くなりそう。
それに尾行が、とっても下手。
女性にも優しくない。
ポーカーの勝負も焦って、負けそうになっちゃう。
すぐ怒る。
もう、突っ込みどころいっぱいのジェームス・ボンドです。
スチールを見た時は、あまりしっくりこなかったダニエル・クレイグが、この役回りではピッタリしてくるから、これもプロデューサー、監督の意図があたっています。
あの人をくったような口元に笑みを漂わせたダニエル・クレイグが、次回で、どうやってジェームス・ボンドを本当の自分のものにしていくか、楽しみです。

今作品は、いつもの北朝鮮からの脱出とか、麻薬王のアジトに侵入とか、核弾頭の奪取とか、いつもの目玉になるジェームス・ボンドが仕掛ける大型アクションがなかったのが残念。
そう言う意味でも、00の称号を持った、ダニエル・クレイグ版ジェームス・ボンドの次回の任務に期待します。

最後に、今だと考えられない豪華キャスト(ピーター・セラーズデヴィッド・ニーヴンデボラ・カーウィリアム・ホールデンウディ・アレンウルスラ・アンドレス)で、なんと監督が5人のオリジナルが観たくなりました。


007
ちょっと目元の化粧が濃すぎるヒロインのエヴァ・グリーン

007
この人のM役は、比較的新しく1995年のゴールデンアイから


お気に入り度 ★★★

トリビア
今作品が、007シリーズで初めて中国の検閲で認可された。中国では、007シリーズは、違法コピーでしか存在しなかった。(でも沢山存在していたと思うが...管理人)

ある日の午後の撮影で、合計3台のアストン・マーティンが横転シーンでスクラップになった。その総額は360万円。

1987年のリビング・デイライツ以降、初めてのイアン・フレミングのオリジナルの小説に元づく作品

44年のジェームス・ボンド作品中、初めて雨のシーンがある作品


007
序盤のハイライトシーン。 目がくらんだ。

007
この悪役の方がボンドより俊敏でしなやか

007
ショーン・コネリーを意識した(と思われる)スチール


監督
マーティン・キャンベル

キャスト
ダニエル・クレイグエヴァ・グリーンマッツ・ミケルセンジュディ・デンチジェフリー・ライト 

情報サイト

オフィシャルサイト (英語)
オフィシャルサイト (日本語) 
IMDb
みんなのシネマレビュー
映画の森てんこ森
ヤフージャパン
Allcinema
Yahoo Movie
Movie Web
Rotten Tomatoes

 人気blogランキングへ 

 にほんブログ村 映画ブログ 

 管理人のホームページ Welcome to Arizona 


2007年もよろしく


自作の年賀状です。2007年もよろしくお願いします。


2007



ちょっと遅れて、2006年のまとめ

2006年に劇場で観た作品は計53作でした。
他に国際線やDVDで観た作品を合わせると、70作位だと思います。

2007年は頑張って劇場で60作に挑戦します。

ここで私の自己チュウなベスト5を選んでみました。
この5作に順番は、つけません。 観た順番に並べてみました。
Munich
ちょうど1年前に観たのですが、そのメッセージの重さは色あせていません。


ポセイドン ポスター
一般の評判はよくなかったのですが、自分では久々の手に汗握りながら観た作品でした。


click
アダム・サンドラーのコミカルからシリアスに変わる演技が、とてもよかったです。
アメリカの70年代、80年代を上手くとらえて、絶妙の脇役陣でした。


Departed
オリジナルとの比較で賛否両論がありますが、これは立派にハリウッド・アクションドラマになっていました。音楽も耳に残りました。


Happyness
まだ、このサイトでご紹介していませんが、ウィル・スミスの最後の演技には本当に涙しました。

この他にも、「パイレーツ・オブ・カリビアン デッドマンズ・ チェスト」と「ワールド・トレードセンター」は、捨て難いのですが、少し偏見を入れて上の5作品にしてみました。



見事に期待を裏切られた作品
Lady in the water
本当に面白くありませんでした。監督の自己チュウな作品でしたね。



怖かった作品
wickerman
2006年も「ホステル」とか「The Hills Have Eyes」とか、「ソウ3」とか、怖い作品は数多くありましたが、観客に視覚的に痛い思いをさせないで、ストーリーとラストで本当に怖さを出していました。



アニメ
cars
少し個人的な理由ですが、3歳の珠理の初劇場観覧ということで選びました。



特別賞(何でここだけ賞なんかわかりませんが)
Rumor
自分の中で、妙に印象深い作品です。
久々のケビン・コスナーの渋さと、悩めるジェニファー・アニストン、懐かしい「卒業」のミセス・ロビンソンが原因かな。

以上、2006年のまとめでした。


emoji:v-190] 人気blogランキングへ 

 
にほんブログ村 映画ブログ 

 管理人のホームページ
Welcome to Arizona 




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。