プロフィール

かめ

  • Author:かめ
  • アリゾナから撮りたての映画を紹介します。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する


アリゾナ映画ログ - 砂漠から...
アリゾナから撮りたての作品を紹介しています。
ランキングに参加してます。

にほんブログ村 映画ブログへ 人気blogランキングへ

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Borat (ボラット)

2006年11月11日鑑賞
Borat


Subtitle: Cultural Learnings of America for Make Benefit Glorious Nation of Kazakhstan

Tagline: High Five!

ストーリー
カザフスタン人ジャーナリスト、ボラットがアメリカを旅して作成した、(お馬鹿)ドキュメンタリー映画... 


Borat
これが問題のボラット

Borat
隣のおじさんがプロデューサー。 気色悪い。


管理人が選ぶ勝手な関連商品



ランキングに参加してます。
 

感想

主演のサシャ・バロン・コーエンは、ユダヤ系のイギリス人で、今イギリスで1番ギャラの高いコメディアンです。 (らしいです)
アメリカでは、
ケーブル局のHBOで「Da Ali G Showで人気を高めましたが、この作品が出るまではマイナーな存在でした。 ちなみに、このショーの中でコーエンは、Ali Gと、Boratと、Bruno と言う、全く違うキャラクターを使い分けています。 それが、映画館のトレーラー以外にほとんど前宣伝も無いこの風変わりな作品で一気に、知名度が上がりました。
トレーラーを観る限り、お下品なB級作品で、多くの批判を浴びながら消えて行く作品化と思ったら、公開と同時にいきなりボックスオフィスのトップになります。
Yahoo MovieのCritics ReviewでもA-だし、Rotten TomatoesのCritics TometoMeterでも92%になっている。
これはちょっと凄い。ちなみにこの作品が公開された週の主な作品の評価は、ここをクリックしてみて下さい。

何でこんなお下品な作品が受けているのか?
ここまでやってしまったから、と言うのがあるのかもしれません。
ここでは伏せておきますが、あるシーンなどは、歴史に残る下品度です。
それと、普段触れられない人種や宗教問題を平気で、これでもか、これでもかといじくり回します。
アメリカ内部では、南部の田舎者、ライフル協会等の銃容認の右翼、女性問題の見識者、黒人、上流家庭をネタにしています。
そして1番馬鹿にされているのがカザフスタンで、ユダヤ人も負けずにこけおろしています。
こういう、徹底したギャグが観ているものをスカッとさせているのかも。
その昔、笑いのわからない一部のアホ人達が、「8時だョ!全員集合」を槍玉にあげた事がありましたが、番組の人気がそう言う声をはねのけました。
おんなじ現象が出ているんだと思っています。

そして全部が全部、下品なだけではなく、会話の中にみせる笑いも、良かったです。
Not Jokeの会話であそこまで笑わすとは思いませんでした。

日本では、ただ下品な作品とされ、受けないかもしれませんね。
やはり、何を馬鹿にしているかは、バックボーンが分かっていないと、笑えないところがありましたから。



Borat
黒人の少年達の着こなしを教わる

Borat
アメリカ南部のロデオ会場でアメリカ国歌を替え歌で歌う


Borat
カザフスタンのユダヤ人狩の儀式 (彼自身はユダヤ人)

Borat
上流家庭でテーブルマナーをトークを学ぶ

Borat
運転を習う


お気に入り度 ★★★

トリビア
撮影中にコーエンについて合計91回警察への通報があった。


Borat
骨董屋で壊したい放題

Borat
Not Jokeを教わる。この辺の笑いの取り方は上手いの一言

Borat
行水


監督
Larry Charles (ラリー・チャールズ

キャスト
Sacha Baron Cohen (サシャ・バロン・コーエン)、Ken Davitian 

情報サイト

オフィシャルサイト (英語)
オフィシャルサイト (日本語) 
IMDb
みんなのシネマレビュー
映画の森てんこ森
ヤフージャパン
Allcinema
Yahoo Movie
Movie Web
Rotten Tomatoes

 人気blogランキングへ 

 にほんブログ村 映画ブログ 

 管理人のホームページ Welcome to Arizona 

スポンサーサイト

Flags of Our Fathers (父親たちの星条旗)

2006年5月20日鑑賞
父親たちの星条旗


Tagline: A Single Shot Can End The War.

ストーリー
アメリカ、ウィスコンシン州で葬儀社を営むひとりの老人。今、彼には最期の時が迫っていた。彼の名は、ジョン・“ドク”・ブラッドリー。彼は1945年、太平洋戦争の激戦地として名高い硫黄島に、海軍の衛生兵として出兵していた。しかも、その時撮られた1枚の写真によって、米国中から“英雄”と讃えられた輝かしい過去があった。しかし彼は、その事について決して語ろうとはしなかった……。硫黄島で何を見たのか。父は何故沈黙を貫こうとするのか。父の最期を見守る彼の息子が、硫黄島の真実を辿り始める。... (Goo映画より)


父親たちの星条旗
ヒーローに仕立て上げられた3人

父親たちの星条旗
これが有名なシーン

Flag
星条旗を立てた実際の兵士と役者名 (Wikipediaとヤフームービーにリンクしています)
Ira Hayes アダム・ビーチFranklin Sousley ジョセフ・クロス
John Bradley ライアン・フィリップHarlon Block ベンジャミン・ウォーカー
Michael Strank バリー・ペッパーRene Gagnon ジェシー・ブラッドフォード


父親たちの星条旗
一瞬「プラトーン」かと思った

父親たちの星条旗
戦闘シーンは大迫力

父親たちの星条旗
史上最大の作戦 」を彷彿させる


管理人が選ぶ勝手な関連商品
   


ランキングに参加してます。
 

感想

この作品は、もうあっちこっちで語りつくされていまさら感想もないと思いますが、すっかり監督業がいたについた、クリント・イーストウッドが、「アカデミー賞ノミネート作っていうのは、こうやって創るんだよ」って教えてくれてる作品だと思います。
確かに大作で、ストーリーもしっかりして、役者の演技もよくて、メッセージがあって、戦闘シーンは度迫力で、そのコントラストに親子の愛と友情がゆっくりと悲しく描かれていて、どの部分をとっても完成度は高いです。
ただ、良い意味でも悪い意味でもそつがないと言うか、隙がないと言うか、つまり......やっぱりいい作品だと思います。
観客にこう思わせるところが、唯一の欠点なのかもしれません。

いつの時代にも、戦争と政治が醜く絡み合っているのを、あらためてメッセージとして受けました。
おバカのブッシュ大統領って、いつの時代にもいるんですね。
それと、もう1つイライラしたのが、目立ちたがりで、思いやりを知らないバカ女と、それに甘えるバカ男。
特に遺族に対面するシーンでは、本当に腹がたちました。

戦闘シーンは凄いです。高台から容赦ない銃弾、手榴弾を浴びながら、絶望的な坂を闘い上って行くシーンは、「ハンバーガー・ヒル」を思い出しました。
それに「プラトーン」と「ディア・ハンター」を足して、「スタンド・バイ・ミー」で割ると、この作品に近いものが出来るのでは、ふと思いました。

こうしてとってもそつなく、過去の名作を思い浮かばせるこの作品にも、1つ画期的な試みがあります。
それは全く同じ事件を別の観点から2部作として創られた作品は過去にないらしいです。
そういう意味では、「硫黄島からの手紙」も含めて評価をするのが、いいかもしれません。


父親たちの星条旗
最初は誰が誰だか分からない

父親たちの星条旗
若者達のよき理解者のストランク軍曹

父親たちの星条旗
とっても、もったいないポール・ウォーカーの使い方

父親たちの星条旗
このままスクリーン入っていてもおかしくない御大


お気に入り度 ★★★

トリビア
日本政府が硫黄島での撮影を許可しなかったので、同じ黒い砂のビーチがあるアイスランドで撮影が行われた。

フィルムを映画館に送る時、海賊コピーから守る為に、「モンタナ」というタイトルで送られた。また最初の1缶は、残りの7缶とは別に送付された。


父親たちの星条旗
硫黄島の写真に対しトップは東京大空襲の大きな見出し

父親たちの星条旗
歴史を撮ったカメラマン

父親たちの星条旗
本当の国旗掲揚は、あっけなく行われた


監督
Clint Eastwood (クリント・イーストウッド

キャスト 実際の人物へのリンクもあり
Ryan Phillippe (ライアン・フィリップ John "Doc" Bradley役)、Jesse Bradford (ジェシー・ブラッドフォード Rene Gagnon役)、Adam Beach (アダム・ビーチ Ira Hayes役)、Barry Pepper (バリー・ペッパー Mike Strank役)、Paul Walker (ポール・ウォーカー Hank Hansen役)、Robert Patrick (ロバート・パトリック)、Neal McDonough (ニール・マクドノー

情報サイト

オフィシャルサイト (英語)
オフィシャルサイト (日本語) 
IMDb
みんなのシネマレビュー
映画の森てんこ森
ヤフージャパン
Allcinema
Yahoo Movie
Movie Web

 人気blogランキングへ 

 にほんブログ村 映画ブログ 

 管理人のホームページ Welcome to Arizona 




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。