プロフィール

かめ

  • Author:かめ
  • アリゾナから撮りたての映画を紹介します。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する


アリゾナ映画ログ - 砂漠から...
アリゾナから撮りたての作品を紹介しています。
ランキングに参加してます。

にほんブログ村 映画ブログへ 人気blogランキングへ

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Snakes on a Plane (スネーク・フライト)

2006年8月18日鑑賞
Snakes on a plane


Tagline: On August 18th Summer Really Begins

ストーリー
たまたま暗殺組織の殺人事件を目撃してしまい、組織犯罪の重要証人となってしまった高校生の乗ったジェット機を悲劇が襲う。彼の命を奪うために暗殺組織がジェット機に送り込んだのは、1万匹の蛇だった!! そんなパニックに陥るジェット機のなかでひとりの男が立ち上がる。... (シネマ・カフェ・ネットより)


snakes
どの役を演じても、同じトーンの芝居になってきたサミュエル・L・ジャクソン

snakes
大活躍するフライトアテンダント、ジュリアナ・マーグリーズ (元ER婦長)


管理人が選ぶ勝手な関連商品





ランキングに参加してます。
 

感想

原題も全く工夫がないが、邦題の「スネーク・フライト」も、かなり安直なタイトル。

観る前は、シリアスなB級パニック作品かと思っていたが、コメディーのジャンルに入れてもおかしくない内容だった。
特に前半は、100%コメディー。明らかに受け狙いをしたシーンが沢山ある。
こういう遊びが出来るのが、B級のいいところ。
でも、サミュエル・L・ジャクソンが絡まないまでも、こういう笑いを、彼主演のストーリーに入れるとは、とても勇気のある監督。(この監督は、B級作品の秀作Cellular (セルラー )」の監督だった。)
その笑いのシーンとサミュエル・L・ジャクソン演じる刑事の無骨さとのギャップがまた笑いになっている。
監督も監督だが、サミュエル・L・ジャクソンも太っ腹である。
癖のあるキャラクターも多数登場するが、これも絵に書いたようなステレオタイプのキャラばかり。
後半は、スリルとアクションのテンコ盛り。
動物パニックとフライトパニックが、交代に展開され、なんと蛇の一掃方法は、(ネタバレ反転)飛行機の窓ガラスを割って風圧で一気に機外に吹き飛
ばすと言う、乗客も命がけの作戦。
やっと終わったと思ったら最後は、(ネタバレ反転)パイロットが死んでしまい着陸不可能になる。

理屈抜きで笑いとスリルを楽しむ作品。自分的には、とても面白かった。

作り手の勢いが人気にも反映して一週目で、見事トップに立った。
但し、持続力はなく、二週でトップ10脱落の、映画を地でいく急降下だったが。


snakes
殺人現場を目撃した高校生、全く無名の俳優



snakes
蛇がバタバタ落ちてくる機内


お気に入り度 ★★★

トリビア
6メートルのニシキヘビを含めて、合計450匹の蛇が使われた。

2006年3月に、あまりにもインターネット上で、作品の人気が高まった為、5日間の追加撮影をして、「PG13」から「R」に変更した。

監督のデヴィッド・R・エリスは、元プロサーファーで20年キャリアのスタントマン



snakes
フライトパニックと動物パニックのダブルパニックが楽しめる作品

snakes
撮影風景、かなり本物の蛇も使った様子


監督
David R. Ellis (デヴィッド・R・エリス

キャスト
Samuel L. Jackson (サミュエル・L・ジャクソン)、Julianna Margulies (ジュリアナ・マーグリーズ)、Nathan Phillips (ネイサン・フィリップス

情報サイト

オフィシャルサイト (英語)
オフィシャルサイト (日本語) 
IMDb
みんなのシネマレビュー
映画の森てんこ森
ヤフージャパン
Allcinema
Yahoo Movie
Movie Web

 人気blogランキングへ 

 にほんブログ村 映画ブログ 

 管理人のホームページ Welcome to Arizona 

スポンサーサイト

Lady in the Water (レディ・イン・ザ・ウォーター)

2006年7月29日鑑賞
Lady in the water


Tagline: Time is running out for a happy ending.

ストーリー
クリーブランド・ヒープは、これまでずっとアパート“コープ”荘の切れた電球や壊れた設備の修理にまぎれ、静かに世間から身を隠して過ごしてきた。
しかし、彼の人生を決定的に変えることとなる夜、クリーブランドは質素な建物の平凡な日常に身を隠した、もう一人の人物を発見する。その名はストーリー。
彼女はアパートのプール下の通路に住んでいた。クリーブランドはストーリーが壮大なおとぎ話に登場する精霊(ニンフ)のようなキャラクター、“ナーフ”であることを発見する。
ストーリーは比類ない直感力で、クリーブランドが管理するアパートの住人たちの運命を告げてみせる。...
 (作品資料より)


lady
神秘的なストーリー役を演じるのは、あのRon Howardロン・ハワード)監督の娘、ブライス・ダラス・ハワード

lady
ポール・ジアマッティは、その風貌から「Sideways」マイルスとか、今回のヒープとか、かなり役柄限定になりつつある役者。今度是非アクション作品の悪役などにトライして欲しい。

lady
これが、物語のアパートとプール


管理人が選ぶ勝手な関連商品





ランキングに参加してます。
 

感想

The Sixth Sense」、「Signs」、「The Village」のM・ナイト・シャマラン監督の最新作 。
幽霊を出したり、宇宙人を出したり、アーミッシュもどきの村を出したり、いつもの様に奇抜なストーリーとどんでん返しを期待していったら、なかった

ストーリーは、奇抜と言えば奇抜だが、いまいちまとまりに欠けている。
やはり映画を観るからには、安っぽくてもエンターテイメント性とか、メッセージとか、スリルとか、ストーリーとか、何か欲しいのだが、この作品にはいま一つ何もないような。
監督は、子供を寝かす時に話す、おとぎ話を作りたかったらしいので、サッと聞き流す作品になったことは間違いない。
救いは、ポール・ジアマッティの演技。サラッと難しい役をこなしている。
ただ、この人の今後の役柄がパターンかしないことを祈る。


lady
主役の2人に上手く絡む、韓国人親子


lady
(ネタバレ反転モード) ストーリーを助ける仲間の1人は、この子だった

お気に入り度 ★☆☆

トリビア
脚本の元になっているストーリーは、M・ナイト・シャマランが自分の子供に聞かせるために書いた物。


lady
今回は、監督より役者として評価したほうがいいかも知れない、M・ナイト・シャマラン

lady
体の右側だけを鍛えている変わり者 (ネタバレ反転モード)最後になって彼の物語の中での役割が判明する


監督
M. Night Shyamalan (M・ナイト・シャマラン

キャスト
Paul Giamatti (ポール・ジアマッティ)、Bryce Dallas Howard (ブライス・ダラス・ハワード)、M. Night Shyamalan (M・ナイト・シャマラン )、Jeffrey Wright (ジェフリー・ライト

情報サイト

オフィシャルサイト (英語)
オフィシャルサイト (日本語) 
IMDb
みんなのシネマレビュー
映画の森てんこ森
ヤフージャパン
Allcinema
Yahoo Movie
Movie Web

 人気blogランキングへ 

 にほんブログ村 映画ブログ 

 管理人のホームページ Welcome to Arizona 


Click (もしも昨日が選べたら)

2006年7月22日鑑賞
click


Tagline: What If You Had A Universal Remote... That Controlled Your Universe?

ストーリー
会社で出世することが、幸せへの近道だと信じるマイケルは、家族よりも仕事を優先させてきた。そんな彼は、生活の煩わしい時間を省こうと、すべての電化製品を扱えるリモコンを探し求めるが…。マイケルが手に入れたのは、人生さえも自在に操れるコントローラーだった。そのリモコンで、家族との面倒な時間や、出世までの道のりを早送りするマイケル。しかし、コントロールしていたはずの彼の人生は、そのリモコンにコントロールされていた。リモコンに幸せを奪われていく、マイケルの未来。
「人生が激変する」とモーティが言った通り、そのリモコンには信じられない機能が備わっていた。ペットの吠え声を消音したり、ドナとの口論を早送りできたり…。そのコントローラーは、電化製品だけでなく、自分の周りのすべてのものを操ることができるのだ。たちまち、その魅力の虜になるマイケル。そして、家族との食事会や夫婦生活、交通渋滞やシャワーの時間など生活での面倒なことを、早送りしていく日々が始まった。そんなある日、再びモーティの元へと訪れた彼は、リモコンのさらなる機能を紹介される。そのリモコンで、自分の過去や未来へも行くことができるのだ。やがて彼は、自分の手で人生の幸せまでもコントロールできると、信じるようになっていた。 ...
 (オフィシャルサイトより)


click
今回もいつものアダム・サンドラーのペースで物語がスタートしたが...

click
最初はただ綺麗なだけの飾りと思ったが、以外にこの人の演技もひかっていた。


管理人が選ぶ勝手な関連商品



ランキングに参加してます。
 

感想

それにしても、ちょっとコケそうな邦題。

巻き込まれたくない家庭の面倒な事を、リモコン1つでスキップ出来るようになった主人公。
子供の世話、客との夕食、夫婦喧嘩等々、面倒な事は全て早送りして、遂には自分の出世する時まで、早送りしてしまう。

作品前半で、主人公がいろいろ早送りをする場面は、いちいち納得出来る。
変わって来たとは言え、家庭をあまり顧みない、多くの日本人男性は、特にうなづく場面が多いと思う。
ただ、同じ事をアメリカ人が感じているとは、ちょっと驚き。
結局、いいお父さん、旦那さんになるには、どこかで無理をしているのか。

このリモコンを持っていたら、出世の日までの早送りも当然したくなるだろう。
しかしリモコンに学習装置がついていたとは。

そして、失いたくない時間も自分の意思とは関係無しに早送りされていく。
そして、いつの間にか身近にいた大事な人達を失い、失ってからその重大さに気づき、年老いていく。

前半のコミカルな場面から一転して、大きく考えさせられる後半に上手くストーリーが流れていて、終盤は涙を誘う。
老いた主人公が、自分が犯した過ちを受け止め静かな最後を迎える心の準備が出来たのに、愛する人の為に自分の過ちを犯させない為に最後の力を振り絞るシーンは、さすがアダム・サンドラーと、うならせてくれた。

この作品は、脇が上手く固められている。
特に、70年代に人気のあった「
ハッピー・デイズ」のヘンリー・ウィンクラーのおじいさん役、80年代のヒーロー「ナイトライダー」のデヴィド・ハッセルホフには、絶妙な配役だ。
これは、ちょっと日本では伝わらないだろうな。


click
得意の変なおじさん役のクリストファー・ウォーケン

click
マイケルの父親役のヘンリー・ウィンクラーは、アメリカでは特別な存在

henry winkler
ハッピー・デイズ」のヘンリー・ウィンクラー。右隣は主役の、今は名監督ロン・ハワード

click
この四角い顔のデヴィド・ハッセルホフ

click
80年代にアメリカはもちろん、日本でも大ヒットした「ナイトライダー」のマイケル役の人


お気に入り度 ★★★

トリビア
ヘンリー・ウィンクラーの両親は、ナチス ホロコーストの生存者


click
夫婦喧嘩も早送り

click
隣の悪ガキにもクリック


監督
Frank Coraci (フランク・コラチ

キャスト
Adam Sandler (アダム・サンドラー)、Kate Beckinsale (ケイト・ベッキンセイル)、Christopher Walken (クリストファー・ウォーケン)、David Hasselhoff (デヴィッド・ハッセルホフ)、Henry Winkler (ヘンリー・ウィンクラー

情報サイト

オフィシャルサイト (英語)
オフィシャルサイト (日本語) 
IMDb
みんなのシネマレビュー
映画の森てんこ森
ヤフージャパン
Allcinema
Yahoo Movie
Movie Web

 人気blogランキングへ 

 にほんブログ村 映画ブログ 

 管理人のホームページ Welcome to Arizona 


The Omen (オーメン)

2006年6月16日鑑賞
Omen


Tagline: His Day Will Come

ストーリー
6月6日午前6時にこの世に誕生した母親不明の赤ん坊ダミアン。実の子を亡くしたロバート&キャサリンのソーン夫妻はダミアンを引き取り、愛をもって育てる。ところが、成長したダミアンの周囲で家政婦、神父らが次々に謎の死を遂げる。キャサリンまでが不可解な事故で重傷を負うなか、ロバートはダミアンに恐るべき疑いを持つようになる。やがて “666”という数字に込められた秘密を知ってしまったロバートは、驚愕の真実に直面するのだった…。 ... (作品資料より)


Omen
目が怖いダミアン

Omen
1976年オリジナル作品のダミアン


Omen
ダミアンの生みの親の墓探し

Omen
オリジナル作品の同シーン


管理人が選ぶ勝手な関連商品



ランキングに参加してます。
 

感想

サボりにサボって、6月半ばに観た作品を9月に入ってからの、超時間差紹介。

1976年に公開されたオリジナル作品は、映画館に観に行った記憶がある。
その3年前に公開された「エクソシスト」と並んでオカルト映画の代表作だった。
今のホラーと違って、大音響とグロテスクな映像で、恐怖を煽るのではなく、わりと抑え目のトーンで引っ張っておいて、衝撃的なシーンを散りばめている。
当時は、特に神父が被害にあう、このシーンが強烈だった。
今回のリメイクは、オリジナルを忠実に再現している。(新旧のスチール参照)
ただ一つ、大きく違っていたのは、カメラマンが被害にあうシーン。
このシーンもオリジナルでは、かなりインパクトがあったからちょっと残念。
今、オリジナルに忠実に、ジワジワと恐怖をあじあわせる作品と作るのは、かなり勇気の要ることだと、ちょっと感心。
そして今回の一番の注目は、ダミアンの目だった。


Omen
キックボードは、オリジナル作品の時には存在しない乗り物

Omen
オリジナル作品では三輪車だった


Omen
オリジナルを見た時、かなり衝撃を受けた、母親を落とすシーン

omen
オリジナルのスチールは何故か白黒しか存在しない


お気に入り度 ★★★

トリビア
オリジナルでダミアンを演じた、Harvey Stephens (ハーヴェイ・スティーヴンス)が、タブロイドの記者として、出演している。

Omen
この岸田今日子にそっくりの家政婦が怖い


Omen
クライマックスシーン

Omen
オリジナルのグレゴリー・ペックの迫真の演技


Omen
Omen
だんだん顔まで似てきたオリジナルと新作のダミアン


監督
John Moore (ジョン・ムーア

キャスト
Liev Schreiber (リーヴ・シュレイバー)、Julia Stiles (ジュリア・スタイルズ)、Seamus Davey-FitzpatrickDavid Thewlis (デヴィッド・シューリス

情報サイト

オフィシャルサイト (英語)
オフィシャルサイト (日本語) 
IMDb
みんなのシネマレビュー
映画の森てんこ森
ヤフージャパン
Allcinema
Yahoo Movie
Movie Web

 人気blogランキングへ 

 にほんブログ村 映画ブログ 

 管理人のホームページ Welcome to Arizona 




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。