プロフィール

かめ

  • Author:かめ
  • アリゾナから撮りたての映画を紹介します。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する


アリゾナ映画ログ - 砂漠から...
アリゾナから撮りたての作品を紹介しています。
ランキングに参加してます。

にほんブログ村 映画ブログへ 人気blogランキングへ

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Firewall (ファイヤーウォール)

2006年2月24日鑑賞
Firewall Poster


Tagline: Everything He loves Is About To Be Used Against Him.

ストーリー
ジャック・スタンフィールドは、シアトルの銀行の、コンピューター・セキュリティ部門の幹部。
彼が設計した盗難防止システムは業界で最高、最強の性能を誇り、社内外から高い評価を受けていた。
ビル・コックスは、そんな鉄壁な防犯システムの弱点はジャック自身という事に目を付け、長い時間をかけ、彼の身辺からありとあらゆる情報を集めた。
そしてある日、ジャックは銀行の同僚から、ビルをビジネスマンとして紹介される。
同僚と別れると、本性を現したビルは、彼の妻の写真を見せ、家族を人質に取ったことを告げた。
ビルとその仲間が家族を家に監禁し、ジャックにセキュリティーシステムを操作し、1億ドルを銀行から盗み出すことを要求する。
ジャックは、自分が作った鉄壁の防犯システムのハッキングに挑むと同時に、犯人から家族救出を試みる...


firewall2
ビルがいきなり乗り込んで来て携帯の写真を見せる

firewall4


ランキングに参加してます。
 

感想

久々のハリソン・フォード主演の作品。それもお得意の犯罪・サスペンス・アクション作品。
家族が人質にとられるストーリーは2005年の
ブルース・ウィリス主演のホステージに似ているが、こちらは終盤まで犯人との頭脳合戦が続く。
また、まだ日本未公開だがジェニファー・アニストン主演のディレイルにも、前半の犯人に追い詰められる雰囲気が似ている。
幾重にも張られた犯人の罠に主人公がはまっていくストーリーが、子気味良いテンポで展開される。
終盤のハリソン・フォードの体を張ったアクションシーンは、彼の意地を見たような気がする。2007年に公開予定の「
Indiana Jones 4」布石だろうか。

キャストとしては、犯人役のポール・ベタニーが見事に役にはまっている。
表情を変えずに、平気で仲間を殺すシーンもよかったが、なんと言っても人質の子供に、アレルギーのある(ネタバレ反転モード)ピーナッツバターを優しい顔してあげるシーンがゾッとした。(特に自分の子供も同じアレルギーの為)
妻役のヴァージニア・マドセンをどこかで観たことがあると思ったら、あの「Sideways」のマヤ役の女優さんだった。どうりで上手い訳だ。
あの「Terminator 2: Judgment Day」で、インパクトの強い警官(T-1000)のロバート・パトリックも渋く年をとって好演している。


firewall6
ソリの合わない上司はロバート・パトリック。もう少し出番があってもよかった。

firewall5
ぴったりハマッタ、ポール・ベタニーの犯人役


お気に入り度 ★★★

トリビア
ヴァージニア・マドセンは、ハリソン・フォードから直接彼女の携帯電話に電話があり、この役のオファーを受けた。彼女は最初ドッキリカメラの冗談だと思った。

この映画の当初のタイトルは「The Wrong Element」(間違った要素)だったが、出演者の間で「The Long Elephant」(長い象)と茶化されているのを聞いて、プロデュサー等が変更した。



firewall3
この子がアレルギーで殺されかけた長男

firewall1
最後は老体に鞭打ってのアクション


監督
Richard Loncraine (リチャード・ロンクレイン

キャスト
Harrison Ford (ハリソン・フォード)、Paul Bettany (ポール・ベタニー)、Virginia Madsen (ヴァージニア・マドセン)、Mary Lynn Rajskub (メアリー・リン・ライスカブ)、Robert Patrick (ロバート・パトリック

情報サイト
オフィシャルサイト (英語)
オフィシャルサイト (日本語) 
IMDb
みんなのシネマレビュー
映画の森てんこ森
ヤフージャパン
Allcinema
Yahoo Movie
Movie Web

 人気blogランキングへ 

 にほんブログ村 映画ブログ 

 管理人のホームページ Welcome to Arizona 

スポンサーサイト

忍-SHINOBI

2006年2月12日鑑賞

shinobi poster


Tagline: 愛し合う運命。殺し合う宿命。


ストーリー
関が原の戦いで天下統一し、戦国時代を終焉させた徳川家康。
平和になった世の中で、徳川家の不安は戦国時代に影の戦闘で活躍した伊賀鍔隠れと甲賀卍谷の忍びの軍団。
戦う為だけに存在する二つの村を潰す為に、もともと犬猿の仲だった伊賀と甲賀に5人の代表による対決を申し付ける。
伊賀からは、党首の孫娘の朧(おぼろ)を代表とする5人、甲賀からは党首の跡継ぎ弦之介を代表とする5人が選ばれた。
以前から愛し合っていた朧と弦之介の2人が、家の為、名誉の為に、自分の意思の逆らった戦いが始まった...

shinobi01


ランキングに参加してます。
 

感想

久々に観た日本映画。
ラブロマンスとアクションで、ハリウッドをかなり意思して創ったのではないかと思う。
CGの多様、大げさな戦闘シーンもハリウッドを彷彿させる。
キャストが豪華だが、あまりにも個性を出しすぎてちょっと消化不良気味。
映像はとても綺麗で丁寧に撮られている。

最後に「私は泣いています」のりりィのお幻。あのハスキーな歌声と長い黒髪で影のあったりりィが伊賀忍者の党首!
恐ろしい芸風転換だ。


shinobi02


お気に入り度 ★★☆

トリビア
なんとこの作品は、しっかりとIMDbで紹介されていて、その掲示板でもいろいろな意見が交換されている。

shinobi03 shinobi04
shinobi05 shinobi11
shinobi12 shinobi08
shinobi06 shinobi07
shinobi09 shinobi10

 
監督
Shimoyama Ten下山天

キャスト
Yukie Nakama仲間由紀恵)、Jô Odagiriオダギリジョー)、Tomoka Kurotani黒谷友香)、Kippei Shiina椎名桔平)、Erika Sawajiri沢尻エリカ

情報サイト
オフィシャルサイト (英語)
オフィシャルサイト (日本語) 
IMDb
みんなのシネマレビュー
映画の森てんこ森
ヤフージャパン
Allcinema
Yahoo Movie
Movie Web

 人気blogランキングへ 

 にほんブログ村 映画ブログ 

 管理人のホームページ Welcome to Arizona 


The Weather Man (原題 ウェザーマン 邦題未定)

2006年2月12日鑑賞

ウェザーマンポスター

Tagline: ... bring an umbrella

ストーリー
シカゴで人気のあるお天気キャスター、デーブ・スピリッツは、仕事も収入も安定した生活をしていた。
が、私生活は、離婚した妻、上手い関係を作れない子供達、病気の父、心無いファンからの嫌がらせなど、かなり荒れていた。
そんな中、全国ネットのニューヨークの番組から、オーディションの誘いを受ける。
もう一度家族と新しいニューヨークでやり直したい、デーブは必死になって、家族との関係を修繕しようとするが、どんどん空回りしていく。

ウェザーマン5


ランキングに参加してます。
 

感想

ニコラス・ケージらしさを前面に出した情けない主人公に、マイケル・ケインがさすがの演技で、からんでいる。
コメディーなので、当然笑う場面は多く登場するが、どんよりしたストーリーの為、ゲラゲラは笑えない。
夫婦の間の、本当につまらない事でいざこざや、子供に接する親の苦心の場面がよく描かれている。
タルタルソースで夫婦喧嘩し、ふざけて投げた雪が妻の顔を直撃しておろおろし、アイススケートでは過剰な頑張りを子供の要求し、やりたくもないアーチェリーを習わせ、とても似合わない服を着さたり、と一つ一つのエピソードに、ついうなづいてしまう。
テーマ、ストーリーは、特に何でもない日常を、淡々と流しているのだが、どこか共感できるのは、多分、この主人公の様に、仕事は出来るが、家族と上手くいかないアメリカの家庭がかなり存在するのだろう。
興行的には成功と言えない作品だが、ニコラス・ケージらしい作品選びだと思う。

ウェザーマン1 ウェザーマン2


お気に入り度 ★★☆

トリビア
作品中、ニコラス・ケージに、飲み物や食べ物を投げていたのは監督のゴア・ヴァービンスキー。

ウェザーマン3 ウェザーマン4


監督
Gore Verbinskiゴア・ヴァービンスキー

キャスト
Nicolas Cageニコラス・ケイジ)、Michael Caineマイケル・ケイン)、Hope Davisホープ・デイヴィス

情報サイト
オフィシャルサイト (英語)
オフィシャルサイト (日本語) 
IMDb
みんなのシネマレビュー
映画の森てんこ森
ヤフージャパン
Allcinema
Yahoo Movie
Movie Web

 人気blogランキングへ 

 にほんブログ村 映画ブログ 

 管理人のホームページ Welcome to Arizona 


A History of Violence (ヒストリー・オブ・バイオレンス)

2005年10月8日鑑賞
ヒストリーオブバイオレンスポスター

Tagline
Everyone has something to hide.

ストーリー
トム・ストールはインディアナ州の小さな町で、ダイナー(食堂)を経営する、とても家族思いの、物静かで平凡な男。
ある日の夜、閉店間際のダイナーに、他の街でも殺人強盗を犯した2人組みの男達が入って来た。トムは、2人の傍若無人の振る舞いに我慢しながらも対応していた。ところが、いよいよ店にいた従業員やお客に危害が及ぶに至って、突然反撃に出て男達の持っていた銃で、逆に2人を射殺してしまう。
この勇気ある行動がマスコミで取り上げられ、地元でも有名になっていくトム。彼自身は、早く元の静かな生活に戻りたいのだが。
そんなある日、数人の部下を連れたギャングのボスがトムのダイナーに現れる。その男は、トムは昔自分の目を潰したギャングで、本当はトム・ストールではないと言う。
その後も、彼らはトムの周辺に現れ、彼の正体を暴こうとする。ついには家族にも危険が迫る。トムの過去には、何があったのか?...


ヒストリーオブバイオレンス1


ランキングに参加してます。
 

感想

かなり過激な作品。無理に詰め込んだ過激シーンが、ちょっとやり過ぎ気味ではあるが。主役のヴィゴ・モーテンセンは、とても無表情なのに、その変化が観客にハッキリと伝わる演技は凄い。体格や武器に頼らない、本当に喧嘩の強さってあるんだと感心してしまった。その強さが、終盤でギャグになっていたけれど。

ヒストリーオブバイオレンス2


お気に入り度 ★★☆

トリビア
ヴィゴ・モーテンセンは、英語、スペイン語、デンマーク語の3ヶ国語は流暢で、ノルウェー語とスイス語も話せる。また、彼はプロの写真家でもあり、ジャズミュージシャンとしても3枚のCDを出している。

ヒストリーオブバイオレンス3


監督 デビッド・クローネンバーグ

キャスト
ヴィゴ・モーテンセンマリア・ベロエド・ハリスウィリアム・ハートアシュトン・ホームズ

情報サイト オフィシャルサイト (英語)
オフィシャルサイト (日本語)
IMDb
みんなのシネマレビュー
映画の森てんこ森
ヤフージャパン
Allcinema
Yahoo Movie
Movie Web


 人気blogランキングへ 

 にほんブログ村 映画ブログ 

 管理人のホームページ Welcome to Arizona 


テーマ:バイオレンス作品 - ジャンル:映画

Syriana (シリアナ)

2005年12月4日鑑賞
シリアナポスター


Tagline:
Everything is connected

ストーリー ボブ・バーンズは、中東で活動してきたCIAのベテラン諜報員。息子の大学進学を機に、現場の諜報員としてのキャリアに終止符を打ち、家族と過ごす時間を持つために、本部でのデスクワークに就く事を決めていた。
テヘランでの武器商人の暗殺が最後の任務だったが、武器商人の暗殺には成功したが、肝心の武器の取引相手を逃がしてしまう。CIAの本部から汚名挽回と本部デスクワークの昇進の為、アラブ某国の王位継承者、ナシール王子の暗殺暗殺の極秘指令が最後の任務として出された。

ブライアン・ウッドマンは、スイスのエネルギー商社に勤めるエネルギー・アナリスト。ある日、ハマド王が主催するパーティに家族と招かれ、その邸内のプールで息子が感電死するという悲劇に見舞われる。
数日後、パーティでの出来事に責任を感じたナシール王子から、彼の相談役のオファーを受ける。次期王位を約束されたこの王子は、アメリカ資本の石油企業コネックス社との契約を打ち切り、中国の採油権を移すなどアメリカ主導権式の石油ビジネスを変えようとしていた。その為、ブライアンの石油ビジネスに関する分析力を必要としていた。

ベネット・ホリデイは、ワシントンの野心家弁護士。アメリカ最大の石油企業コネックス社に雇われ、最近カザフスタンで採油権を得た石油会社キリーン社との合併に関し、コネックス社に有利な合併になる様、キリーン社のカザフスタンでの採油権獲得の裏を調査する事。また、コネックス社と契約を切りたがっているナシール王子が王位を継承するのを阻止する為、彼の弟に王位を継承させる活動にも絡んでいる。

パキスタン人のワシームは、父親とナシール王子の国へ来ている出稼ぎ労働者。コネックス社で働いていたが、ナシール王子の政策転換で中国に採油権が移ったため、会社から解雇されてしまう。出稼ぎ労働者のうえ、アラビア語が喋れない彼らは新しい仕事も見つからない。絶望の中、イスラム神学校が唯一心の支えだった。そこで、ある指導者と出会い、過激なイスラム原理主義に傾倒していく。 ナシール王子暗殺を遂行しようとするボブ、そのナシール王子の右腕のブライアン、やはりナシール王子が邪魔なベネット、そのベネットの雇い主のコネックス社に恨みを持つワシーム、それぞれの行動が少しずつ少しずつ絡まりあっていく...

シリアナ1


ランキングに参加してます。
 

感想

ストーリーを書くだけで頭が痛くなるような複雑な物語。しかもこのストーリー全てが作品を見ながら理解出来た訳じゃない。
後から調べて見て、分かったところもかなりある。(英語力のせいもあるけれど)日本語で見ても、何度か見ないと細かに張られた伏線など、分からないだろう。ストーリーは本で読んだら面白いと思うが、映画のスピードでどれだけ観客に理解させられるか少し疑問。
世界の独りよがりの警察アメリカの勝手な理屈、醜い企業家達の傲慢さ、宗教を殺人の手段に使う指導者、仲間にも国にも見離されたエージェント等、今のアメリカとアラブ諸国の裏での取引は上手く描かれている。
自殺テロリストが作り上げられていく過程もリアルだった。この物語の中心にジョージ・ブッシュがいるのだろう。 太ってあまり渋くないジョージ・クルーニーの演技も光っていた。 この物語は実際に20年以上もCIAのエージェントだったロバート・ベア著のノンフィクション「CIAは何をしていた?」が原作。

シリアナ2


お気に入り度
 ★★★

トリビア
ジョージ・クルーニーは、低炭水化物ならぬ高炭水化物方法で14Kg太ったが、本人のロバート・ベアにより似せるために頭を剃るという要求は断った。 髪が生えてこなくなるかもしれないと心配した為。 ジョージ・クルーニーは、この太り過ぎの為、「オーシャン12」撮影中、背骨を傷め、最終的に手術まで必要とした怪我をしている。 それ以来彼はこの体重増量を「大馬鹿だった」と言っている。

ロバート・ベア本人がCIAエージェントの1人として映っている。

シリアナ3


監督
スティーヴン・ギャガン

キャスト
ジョージ・クルーニーマット・デイモンアマンダ・ピートジェフリー・ライトクリス・クーパー

情報サイト
オフィシャルサイト (英語)
オフィシャルサイト (日本語)
IMDb
みんなのシネマレビュー
映画の森てんこ森
ヤフージャパン
Allcinema
Yahoo Movie
Movie Web


 人気blogランキングへ 

 にほんブログ村 映画ブログ 

管理人のホームページ Welcome to Arizona 


[READ MORE...]

テーマ:洋画 - ジャンル:映画

Two for the Money (トゥー・フォー・ザ・マネー)


2006年2月12日鑑賞

トゥー・フォー・ザ・マネー ポスター

Tagline: N/A

ストーリー
ブランドン・ラングは、NFLプレイヤーになる事を約束された大学の花形選手だった。
が、大学選手権の試合で勝利のタッチダウンを決めた代償に、膝を複雑骨折をして、一瞬でプロへの夢を絶たれた。
自分の人生の希望を奪われたブランドンは、ラスベガスでスポーツギャンブルのブッキーの電話オペレーターとして、細々と暮らしている。
ある日、彼にニューヨークで全米最大のスポーツアドバイザリーサービス会社を経営するウォルター・アブラムから仕事のオファーがあった。
ウォルターの仕事は、ケーブルテレビや電話を通し、毎週のフットボールの試合の勝敗予想を有料で提供する事だった。 
ブランドンの予想的中率の高さ、分析力に目をつけたのだった。
ウォルターは、ブランドンの服装から話し方まで徹底的に教育し、会社の顔になる商品としてケーブルテレビに売り出す。
ブランドンは期待に答え、驚異的な的中率で注目を浴び、巨額の報酬も手に入れる。
でも、お金と名声におぼれ始めたブランドンの予想が、だんだん狂いはじめる。

トゥー・フォー・ザ・マネー1


ランキングに参加してます。
 

感想
アメリカではスポーツのギャンブルは、ある州では合法である。
毎週、日曜日と月曜日に行われるフットボールの試合の何試合かの勝敗を予想してお金を賭ける。
当然、チーム自体の戦力の差があるので、それぞれの試合の弱いチームにハンデキャップが付いている。そのハンデキャップ以上の差で勝たなければ、試合に勝ってもギャンブルには勝った事にならない。このハンデキャップは、新聞でも公開される。
何試合を予想して、何試合的中したかで配当率が決まる。
ここでお客から予想注文を取るのが、ブッカーと呼ばれる人たちだ。
アル・パチーノ演じるウォルターは、細かく分析された試合の勝敗予想を情報を売る事をビジネスにしている。(ちょっと日本では考えられない商売)

さすが、アル・パチーノの渋さは健在だ。2003年に観た「
The Recruit (リクルート)」を髣髴させる。
レネ・ルッソも好演して、アル・パチーノと渡り合っている。
それに引き換え、マシュー・マコノヒーは相変わらず上半身裸の鍛えられた体を見せる以外、あまりパッとしない。「Sahara (サハラ 死の砂漠を脱出せよ)」の時もそうだったが、いまいち主役としての魅力がない。
ピープル誌で
2005年の最もセクシーな男性に選ばれたが、理解に苦しむ。(事務所の力か?)


トゥー・フォー・ザ・マネー2


お気に入り度 ★★☆

トリビア
ウォルターのケーブルテレビの番組の中で使われている電話番号(1 800 BET ON IT)は、実際のスポーツアドバイス会社の番号。


トゥー・フォー・ザ・マネー3

トゥー・フォー・ザ・マネー4


監督
D.J. CarusoD・J・カルーソー

キャスト
Al Pacinoアル・パチーノ)、Matthew McConaugheyマシュー・マコノヒー)、Rene Russoレネ・ルッソ

情報サイト
オフィシャルサイト (英語)
オフィシャルサイト (日本語) 
IMDb
みんなのシネマレビュー
映画の森てんこ森
ヤフージャパン
Allcinema
Yahoo Movie
Movie Web

 人気blogランキングへ  

 にほんブログ村 映画ブログ  

 管理人のホームページ Welcome to Arizona 


When a Stranger Calls (夕暮れにベルが鳴る)

2006年2月4日鑑賞
ストレンジャー

Tagline: Whatever You Do, Don't Answer The Phone.

ストーリー
高校生のジル・ジョンソンは、急遽頼まれたベビーシッターのアルバイト先に向かう。
そこは、人里離れた森の中にある、医者のマンドラキス家族が住む大きくて、モダンな屋敷だった。
彼らは、ジルに家の中を簡単に案内し、2人の子供が具合が悪く2階で寝ているので起さないように注意した。
加えて、お手伝いが1人いるが、彼女は時間が来ると帰宅する事、そして離れにティーンエージの息子が住んでいる事を説明した。
そして夜中の12時頃には帰宅すると言って出かけて行った。
残ったのはジルと猫一匹。
マンドラキスに言われたコードで、セキュリティー会社の防犯システムを作動させた。

しばらくすると、変な物音がしたり、無言の電話が頻繁に掛かって来たり、まだハンドバックや携帯電話があるのにお手伝いが姿を消したりと、奇妙な事が次々に起こり、ジルの長い夜が始る。
この家に来てから、まだ1度も子供達を見ていない事も気になりだした...


ストレンジャー1


ランキングに参加してます。
 

感想
1979年の「When a Stranger Calls 邦題 夕暮れにベルが鳴る」のリメイク作品。
自分はオリジナルを観ていないが、前作とは、どうもかなり構成が違う様だ。

前半は、ハリウッド映画特有の音とビックリ箱的な映像の脅かしが続くが、いまいちカラ回りしている。脅かさなくてもいい場面では、脅かさなくてもいいのに。
「犯人は誰、そして何処にいる」、という謎でも引っ張るが、蓋を開けると何の工夫も無い展開。
あれだけ子供部屋に何があるのか、離れに何があるのか引っ張ったのに、ここも拍子抜け。
そして全ての複線を、あまりにもあからさまに見せているので、何が何処に繋がっていくか、ほとんど丸見え状態。(例えば猫と小鳥、暖炉と火かき棒、モーションセンサーの照明、中庭のシャワー装置、等々)
脚本の差が出たか?

サイモン・ウェストは1人芝居的な長丁場を頑張ったが、もう少し演技力が欲しかった。

ストレンジャー2


お気に入り度 ★☆☆

トリビア
The Babysitter and the Man Upstairs」 の伝説は本当にある。

ストレンジャー3

監督
サイモン・ウェスト

キャスト
カミーラ・ベル

情報サイト
オフィシャルサイト
IMDb
みんなのシネマレビュー
映画の森てんこ森
ヤフージャパン
Allcinema
Yahoo Movie
Movie Web


 人気blogランキングへ 

 にほんブログ村 映画ブログ 

 管理人のホームページ Welcome to Arizona 


The Matador (原題 マタドール 邦題未定)

2006年1月29日鑑賞
マタドールポスター


Tagline: 
A hitman and a salesman walk into a bar...

ストーリー
ジュリアン・ノーブルは、とても腕の立つ殺し屋。 
仕事でメキシコシティーに来ているが、スランプでかなり落ち込んでいる。
仕事柄、体を休める家もなく、相談出来る友人もいなかった。

ダニー・ライトは、普通のビジネスマン。但し、このところ仕事が行き詰まり、経済的に危機的状態にある。
彼の今後を左右する様な、大きなビジネスのチャンスがあり、その商談の為、やはりメキシコシティーに来ていた。
ある晩、2人はホテルのバーで知り合う。
初対面にもかかわらず、失礼な言葉を浴びせるジュリアンに苛立つダニー。
それでもジュリアンのペースに乗せられ、翌日2人で闘牛を見に行く。
そこでジュリアンは、自分の職業を明かし、ダニーに今度の仕事を手伝って欲しいと持ちかける。
ダニーは当然断るが、その夜、商談が上手く行かず悩んでいるダニーの部屋を、またまたジュリアンが訪ねてきた。

何ヶ月も経ったクリスマスの時期、メキシコでの商談に成功し、妻のキャロラインと仲良く暮らすダニーとの家に、突然ジュリアンが訪ねてきた。

マタドール1


ランキングに参加してます。
 

感想

ストーリー的に特別の面白さとか、斬新さとかは、みられない。
ピアース・ブロスナンとグレッグ・キニアの漫才を見ているような作品。
所々に見せるギャグは、自分的には結構受けた。(特に、最後の方で、ピアース・ブロスナンがチアガールになって飛び跳ねるシーン)

ピアース・ブロスナンは、ジェームス・ボンドで築いたクールな2の線を、完全に捨てた様だ。
Laws of Attraction」でコミカルな演技を見せたが、今回の作品は、コミカルに妙な汚さが加わっている。
今後の出演予定作品を見てみると「Seraphim Falls」をはじめ、コメディーは予定されていないので、今回はちょっとした息抜きと言うところか。

相手役のグレッグ・キニアは、どこかで観たことがあると思ったら、マット・デイモンと「Stuck on You (ふたりにクギづけ)」に出ていた俳優だった。
とぼけた表情がとても和まされる。

マタドール2


お気に入り度 ★★☆

トリビア
ピアース・ブロスナンは、若い頃サーカスで炎を食べるパーフォーマンスをしていた。 今でも炎を食べられる。

マタドール3


監督
リチャード・シェパード

キャスト
ピアース・ブロスナングレッグ・キニアホープ・デイヴィス

情報サイト
オフィシャルサイト
IMDb
みんなのシネマレビュー
映画の森てんこ森
ヤフージャパン
Allcinema
Yahoo Movie
Movie Web


 人気blogランキングへ 

 にほんブログ村 映画ブログ 

 管理人のホームページ Welcome to Arizona 




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。